ホーム > 長崎大学について > 寄附金・共同研究・受託研究 > 共同研究講座(共同研究部門)・共同研究・受託研究の概要 > 共同研究講座(共同研究部門)

ここから本文です。

共同研究講座(共同研究部門)

趣旨

 共同研究講座(共同研究部門)は、外部の企業などから資金を提供していただき、長崎大学内に設置する研究組織です。そこでは出資企業から資金のほかに研究者などを受け入れて、長崎大学の教員と出資企業からの研究者とが対等の立場で共通の課題について共同して研究を行うことによって、優れた研究成果が生まれることを促進する制度です。
 この制度によって長崎大学は、社会の多様な要請に応えて、社会の発展に資する学問領域の研究拠点を産業界と共同して大学内に長期的に確保し、協働することにより、研究の充実と社会に貢献することを目指します。

設置の手続き

  1. 出資企業から長崎大学に共同研究講座(共同研究部門)設置の申し込みをいただきます。 提出書類は「共同研究講座等設置申込書」(様式第1号)(Word) 提出先は設置ご希望の部局窓口にお願いします。
  2. 部局で審議するために、共同研究講座(共同研究部門)の概要を大学側と協議して作成していただきます。 作成書類は「共同研究講座等の概要」(様式第2号)(Excel)
  3. 部局で共同研究講座(共同研究部門)の設置について審議します。
  4. 部局は、学長に申請し、大学事務局の会議での審議結果を受けて学長が決定します。
  5. 出資企業と長崎大学の間で、「共同研究講座(共同研究部門)設置契約書」を締結します。
長崎大学について