ホーム > 長崎大学について >国際戦略> 国際化推進のための戦略と具体的施策>国際性豊かなキャンパスの実現

ここから本文です。

国際化推進のための戦略と具体的施策

国際性豊かなキャンパスの実現

 これまで日本の最西端に位置する、すなわち成長著しいアジアに面するという地理的特性を生かし、アジアを中心とした留学生を受け入れてきた。
 今後さらに海外から有為な若者を集めるためには、魅力ある教育機会を提供することが重要であり、国際的に魅力のある教育プログラムを開発することで本学の教育上の魅力を向上させる。

1.多様な留学生の確保

    ● 英語による講義やコースの増設、教養教育における外国語による講義の開設などによる
     日本語以外の言語による教育機会を拡大
    ● 英語による本学の情報発信の強化を通じた学術交流協定を利用した留学生受け入れを推進
    ● 外国人留学生数900人の目標を達成

2.優秀な留学生の確保

    ● 秋季入学や渡日前入試の実施などを検討
    ● 海外拠点整備により優秀な入学希望者を確保
    ● 地域連携による長崎留学生支援センターを通じた宿舎や奨学金の確保、
     キャリア開発支援を含めた生活支援を強化
    ● 海外留学生同窓会を設置

3.外国人教員の雇用増加と、日本人教員の海外での教育研究機会の推進

長崎大学について