ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 長崎大学・英国ヘリオットワット大学・スコットランド国際開発庁合同シンポジウムを開催

ここから本文です。

長崎大学・英国ヘリオットワット大学・スコットランド国際開発庁合同シンポジウムを開催

2017年04月28日

4月26日、第2回長崎大学海洋未来イノベーション機構シンポジウムとして海洋エネルギーにおける最新の研究成果の報告を目的に、英国ヘリオットワット大学、スコットランド国際開発庁との合同シンポジウムを長崎大学で開催しました。

今年2月、スコットランド政府のフィオナ・ヒスロップ文化・観光・対外関係大臣が長崎大学に訪問し、長崎大学とスコットランドの大学との交流を深めていくことを会談の中で約束しましたが、このシンポジウムはその取り組みの第一弾として実現したものです。

 シンポジウムでは初めに、長崎大学海洋未来イノベーション機構長で同大学副学長の中田英昭教授が開催の挨拶を行い、次にスコットランド国際開発庁日本代表のスティーブン・ベーカー氏がスコットランドのサブシー・エンジニアリングについて、ヘリオットワット大学のデイビッド・フリン招聘教授が英国の海洋システム研究について発表しました。

両氏の発表を受け、海洋未来イノベーション機構の鈴木章弘連携研究員が洋上風力研究及び風車認証試験制度について、続いて同機構の山本郁夫教授が海洋ロボット・メカトロニクスの開発について最新の技術や研究成果の講演を行いました。

シンポジウムは産学官からの多数の参加者を得て、活発な議論が展開され、学術研究やビジネス面の関係強化が図られました。

また、同機構の山本教授が今年2月、英国スコットランド政府からGlobalScot(スコットランドとの関係強化に貢献したメンバー)の称号を付与されたこともあり、同機構及び長崎大学として、今後もスコットランドの大学や研究機関との連携を図り、海洋エネルギーに関する研究、教育、産業展開をさらに進めていく予定です。

 

講演者と海洋未来イノベーション機構関係者との集合写真

講演者と海洋未来イノベーション機構関係者との集合写真

 

(関連記事)
スコットランド政府 フィオナ・ヒスロップ文化・観光・対外関係大臣が長崎大学で会談と講演を実施(2017年03月01日掲載)

山本郁夫教授が英国スコットランドGlobalScotの称号を授与されました(2017年03月01日掲載)

SDI日本駐在代表 スティーブン・ベーカー氏の講演

SDI日本駐在代表 スティーブン・ベーカー氏の講演

ヘリオットワット大学 ディビット・フリン招聘教授の講演
 ヘリオットワット大学 ディビット・フリン招聘教授の講

中田機構長(写真右側)よりフリン招聘教授へ記念品の贈呈

中田機構長(写真右側)よりフリン招聘教授へ記念品の贈呈

  

再生可能エネルギー試験計測株式会社代表取締役社長 兼 長崎大学海洋未来イノベーション機構連携研究員 鈴木章弘氏の講演
再生可能エネルギー試験計測株式会社代表取締役社長 兼 長崎大学海洋未来イノベーション機構連携研究員 鈴木章弘氏の講演

長崎大学海洋未来イノベーション機構 教授(海洋エネルギー利用研究部門 部門長)山本郁夫教授の講演
長崎大学海洋未来イノベーション機構 教授(海洋エネルギー利用研究部門 部門長)山本郁夫教授の講演

長崎大学について