ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科医療科学専攻博士課程1年生の佐々木遼君が「第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会」で最優秀賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科医療科学専攻博士課程1年生の佐々木遼君が「第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会」で最優秀賞を受賞

2017年10月11日

   医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 運動障害リハビリテーション学分野 博士課程1年生の佐々木遼君(指導教員:沖田 実 教授)が、第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会(神戸商工会議所、平成29年9月30日−10月1日)にて発表した「寒冷療法の痛み軽減メカニズムの検討―ラット膝関節炎モデルを用いた実験的検討―」が最優秀賞に選ばれて表彰されました。

   同賞は、同大会で発表された痛みに対するリハビリテーションに関する各分野の発表の中から特に優れた発表に対して授与されるものです。

    なお、授賞式は同学術大会終了後に神戸商工会議所において行われました。

医歯薬学総合研究科医療科学専攻運動障害リハビリテーション学分野 佐々木遼君
医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
運動障害リハビリテーション学分野
佐々木遼君

賞状
賞     状
長崎大学について