ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 感染症共同研究拠点の喜田 宏拠点長が平成29年度の文化功労者に選出されました

ここから本文です。

感染症共同研究拠点の喜田 宏拠点長が平成29年度の文化功労者に選出されました

2017年11月13日

  感染症共同研究拠点の喜田 宏拠点長が平成29年度の文化功労者(ウイルス学・国際貢献分野)に選出されました。
  文化功労者は、我が国において文化の向上発達に関し特に功績が顕著な者が選ばれるものです。
  喜田拠点長は、新型インフルエンザウイルス出現のメカニズムを解明したほか、鳥インフルエンザ対策など感染症の克服に向けた国際共同研究に取り組んできました。現在は、長崎大学感染症共同研究拠点長としてBSL-4施設整備をすすめ感染症研究の成果を創出し、地域社会をはじめ広く世界に提供する業務に従事しています。

感染症共同研究拠点ホームページ(http://www.ccpid.nagasaki-u.ac.jp/

喜田 宏拠点長

感染症共同研究拠点  喜田 宏拠点長

長崎大学について