ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 原爆後障害医療研究所の外国人特別研究員 羅蘭さんと李桃生教授らがCirculation Research誌のBest Manuscript Awardを受賞

ここから本文です。

原爆後障害医療研究所の外国人特別研究員 羅蘭さんと李桃生教授らがCirculation Research誌のBest Manuscript Awardを受賞

2017年11月20日

   原爆後障害医療研究所の羅蘭さん(外国人特別研究員、第一著者)と李桃生教授(責任著者)らの研究成果がBest Manuscript Awardを受賞しました。
   本賞は2016年11月から2017年10月までにCirculation Research誌(IF:13.965)に掲載された論文の中から特に優れた5論文に贈られる賞です。
http://circres.ahajournals.org/content/circulation-research-awards-aha-sessions-2016

   なお、本研究は長崎大学原爆後障害医療研究所の共同利用・共同研究の支援を得て、アメリカNCSUのKe Cheng先生と共同で行わました。

賞状
長崎大学について