ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 工学研究科博士前期課程総合工学専攻(構造工学コース)の永松牧子さんが,平成30年度土木学会全国大会第73回年次学術講演会優秀講演者表彰を受賞

ここから本文です。

工学研究科博士前期課程総合工学専攻(構造工学コース)の永松牧子さんが,平成30年度土木学会全国大会第73回年次学術講演会優秀講演者表彰を受賞

2019年01月21日

工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻1年(構造工学コース)の永松牧子さんが、平成30年8月29日から31日に北海道大学において開催された第73回土木学会全国大会において年次学術講演会優秀講演者表彰を受賞しました。受賞対象となった研究発表は,「高耐久性埋設型枠を用いたRCはりの曲げせん断試験におけるせん断補強効果」と題するものです。永松牧子さんは学部4年次の平成30年3月3日に宮崎大学において開催された平成29年度土木学会西部支部研究発表会において研究発表を行い、その講演に対しても優秀講演賞を受賞しています。

工学研究科博士前期課程  総合工学専攻(構造工学コース) 永松牧子さん

工学研究科博士前期課程 
総合工学専攻(構造工学コース)
永松牧子さん

賞状(優秀講演者賞)

賞状(優秀講演者賞)

長崎大学について