ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > ミャンマー国保健省医科学局と医学研究局(南部・中部)との学術交流協定を更新

ここから本文です。

ミャンマー国保健省医科学局と医学研究局(南部・中部)との学術交流協定を更新

2012年03月01日

記念撮影

ミャンマー国保健省関係者との記念撮影 

2月6日、ミャンマー国保健省において、小路武彦医歯薬学総合研究科長、保健省医科学局総長Than Zaw Myint博士、保健省医学研究局(南部)総長代理 Myo Khin博士、保健省医学研究局(中部)総長 Htun Naing Oo博士が学術交流協定書に署名を行い、協定が更新されました。

本学との交流は、1992年に中根一穂教授と小路武彦講師がJICAのミャンマー国感染症プロジェクトの専門家として医学研究局に滞在したことに始まり、2007年2月に学術交流協定を締結しました。

今回は、新たに保健省医学研究局(中部)を加え更新することになり、今後も国際シンポジウムを開催するなど更なる人的交流及び学術交流を推進するとともに、ウイルス感染と発がんに関する共同研究を継続していくこととしています。

長崎大学について