ホーム > 長崎大学について > 理念、ミッションの再定義及び特色 > 長崎大学が誇る特色 > 社会貢献における特色 > へき地医療への取組

ここから本文です。

へき地医療への取組

 平成16年より,長崎大学大学院医歯薬学総合研究科に「離島・へき地医療学講座」が長崎県および関連する五島列島の1市5町により,寄附講座として開設されました。
 その活動拠点として,長崎県離島医療圏組合五島中央病院(五島列島福江市,現五島市)内に「離島医療研究所」が設置され,長崎県と長崎大学との離島医療連携の拠点となることが期待されています。
 平成17年より、長崎大学病院に「へき地病院再生支援・教育機構」が文部科学省のGPにより開設さました。GP支援終了後は平戸市、長崎県の支援により活動を継続しています。
 その活動拠点として、平戸市の公立病院である、国民健康保険平戸市民病院、平戸市立生月病院に「地域臨床教育拠点」が設置され、地域医療研修の拠点となり活動しています。
 長崎県は,「離島・へき地医療支援センター」を開設し,離島の診療所に勤務する医師の派遣や医療支援を行う事業を実施していますが,この寄附講座は本事業における医師の研修・研究を担う事業も実施することになっています。
 医歯薬学総合研究科には,「離島医療実習・地域保健実習」が立ち上げられ,この「離島・へき地医療学寄附講座」も医学教育研究という側面からその一翼を担います。
 このように,本学は,長崎県や関係医療・保健機関の全面的協力を受けて,へき地医療への取組を実施し,地域の基幹大学としての地域貢献を推進しています。
 

長崎大学について