ホーム > 長崎大学について > 理念、ミッションの再定義及び特色 > 長崎大学が誇る特色 > 教育における特色 > 特色ある教育

ここから本文です。

特色ある教育

(1)特色ある初年次教育を核とした教育改善

 近年,大学の教育力が注目されるなか,本学では,平成14年度から学部混在型教養セミナー(全学教育)などの特色ある初年次教育を実施し,文科省が公募を始めたばかりの特色ある大学教育支援プログラム『特色ある初年次教育の実践?教育マネジメントサイクルの構築?』にいち早く採択されました。このプログラムの核として構築された授業実践,授業評価,FD,授業改善から構成される教育マネジメントサイクルを開講される本学の全科目に推し進めるほか,大学教育機能開発センターに「教育指導支援システム研究開発部門」を設置,その体制を強化するなど不断の教育成果の向上を目指しています。

詳しくはこちら

PDCAサイクル

(2)ものづくり教育

 工学部は,すべての工学部学生を対象とする教育プログラム『ものづくりを支える工学力教育の拠点形成』(平成15年度「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」)を発展させ,学年学科横断科目,「創成プロジェクト」を,平成18年度に創設しました。このものづくり教育のために,創造工学センターや創造工房が設置され,新潟大や富山大の学生と教職員間で交流が盛んに行われています。写真は,「第7回学生ものづくり・アイディア展 in 長崎(2009.11.21)」の様子です。
詳しくはこちら

第7回学生ものつ?くり・アイテ?ィア展in 長崎

長崎大学について