ホーム > 長崎大学について > 理念、ミッションの再定義及び特色 > 長崎大学が誇る特色 > 教育における特色 > 国際性豊かな教育

ここから本文です。

国際性豊かな教育

(1)日蘭交流の歴史発掘を軸とした国際地域連携教育プログラム

 平成18年度に採択された現代GP「現代『出島』発の国際人育成と長崎蘭学事始」の後継事業として.オランダ人講師による「オランダの言語」「オランダの文化」の授業,本学教員及び長崎歴史文化博物館学芸員等による「長崎蘭学」「東西科学文化交流史」の授業など,日蘭交流の歴史を軸とした教育プログラムを開講しています。
  このプログラムは,オランダ・ライデン大学より受け入れた留学生を中核とした日本人学生及び市民との共修による教育活動であり,長崎の歴史・文化と地域に根ざしたきわめて特色のある取組で,国際人としての感性と素養を高めるとともに日蘭友好の架け橋となる人材の育成を目指しています。日本の大学からオランダ語学科が消失している現状にあって,本邦唯一のオランダ学発信拠点としての役割も担っています。
 また,平成21年度にオランダ・ライデン市シーボルトハウス内に「長崎大学在ライデン国際交流推進室」を設置し,ライデン大学との学生交流,研究者交流の拠点としての活用を開始いたしました。
 更に,平成22年度には新たに,ポルトガル・ポルト大学と学術交流協定及び学生交流に関する覚書を締結する予定であり,オランダ及びポルトガルという長崎と縁の深い二国との交流を軸に,欧州地域大学との相互教育交流活動の活性化と,更なる国際化推進を目指しています。

(2)日本人学生を対象とした「海外短期語学留学プログラム」

 夏季・春季休業期間を利用し、中国(北京教育学院)、韓国(慶煕大学校)、フランス(ブルゴーニュ大学)、ドイツ(フライブルク大学)及びオーストラリア(エディスコーワン大学)において、語学を集中的に学習するための、海外短期語学留学プログラムを実施しています。修得した単位は全学教育の既習・初習外国語の単位として認定されます。平成22年度は約100名の学生が参加しています。

(3)外国人留学生を対象とした「短期留学プログラム」

 本学では29カ国107大学等と学術交流協定(学生交流協定締結56校)を締結し、中国、台湾、韓国、フィリピン及びケニア等の協定校から多くの外国人留学生を受け入れ、短期留学プログラムを開講しています。
 自然科学、社会科学、人文科学等の専門科目や日本語を学習するプログラムで、日本語科目以外の授業は英語で行われます。

長崎大学について