ホーム > BSL-4施設に関する取り組み > 設置検討の経緯

ここから本文です。

設置検討の経緯

      

世界的な問題となっている新興感染症

 新しい感染症が次々に現れ世界的な問題となっています。1980年に世界保健機関(WHO)が天然痘の根絶を宣言した翌年にエイズが出現。その後も、1998年にマレーシアでニパウイルス感染症、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)、2003年以降に鳥インフルエンザのヒトへの感染がそれぞれ報告されています。ほかにも、アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱、ラッサ熱を含め、世界各地で新興感染症が継続的に出現しています。
 一方で、ヒトやモノの移動が活発化し、経済・社会のグローバル化が進む現在では、海外で発生した感染症が日本に侵入する可能性が高まっています。実際に日本でも、SARSや2009年の新型インフルエンザの世界的流行は、一地域における小さな感染が短期間に地球的規模で広がるリスクを現実に示しました。

      

新興感染症への対応と日本の現状

 こうした新興感染症が発生した場合には、どんな病原体が原因なのかを迅速に突き止め、感染した患者さんの治療方法を考えると同時に、それ以上、感染が広がらないようにするために、その病原体に対するワクチンを開発するなどの対策を立てる必要があります。そのためには、生きた病原体を用いて研究する必要があります。
 ところが、エボラ出血熱のような感染症が日本で発症しても、現在は、病原体を安全に取り扱うための施設がなく確実な診断ができません。SARSやニパウイルス感染症が最初に出現した際、日本では未知の感染症であり病原体の解明さえできませんでしたが、今もその状態が続いています。
 病原体を実験室から外に逃がさず安全に取り扱うことができる施設は、専門的には「高度安全実験施設(以下BSL-4施設と標記します)」と呼ばれています。EU諸国ではイギリス、フランス、ドイツ、スイス、スウェーデン、チェコ、イタリア、ルーマニアの8カ国で合計18の使用可能なBSL-4施設があり、さらにオランダでも新規に建設中です。また米国は11施設が稼働し、新たに3カ所で建設が進んでいます。アジア・アフリカでも中国やインド、台湾、シンガポール、南アフリカ、ガボンで導入されており、世界全体では18カ国で41施設が稼働し、BSL-4病原体による感染症の確定診断や治療法、ワクチン開発などに使用されています。
 一方、日本では1981年に、国立感染症研究所(武蔵村山市)がBSL-4に対応できる施設を建設しましたが、住民の中に反対があることを踏まえ、BSL-4施設としての使用を見合わせています。このため、現状では、エボラ出血熱のような危険な感染症が発生しても、限定的な実験室診断しか実施できません。また、海外の研究機関に診断や分析を任せていると長い時間がかかり、最悪の場合、患者を救えないだけでなく、感染を広げることが危惧されます。
 日本が国民を自らの力で新興感染症から守るには、BSL-4施設の設置が不可欠なのです。私たちは、長崎にBSL-4施設を設置し、国民の安全・安心を確保し、健康な毎日を送ることができるようにするため、貢献したいと考えています。

世界で稼働中および建設中のBSL-4施設

BSL-4施設がなぜ長崎に必要か

 長崎は江戸時代から世界に開かれた国際都市として機能してきました。一方で、出島を経て外国からもたらされるコレラ、麻疹、天然痘、インフルエンザなど当時の新興感染症による被害も真っ先に受けてきました。1857年に創立された長崎医学伝習所(現長崎大学医学部)でも、コレラなど感染症の治療や予防が、その教育・医療活動の重要な部分を占めていました。この感染症研究は、現在では、長崎大学医学部や長崎大学熱帯医学研究所に引き継がれて、日本だけでなく世界の拠点として、診断や治療、予防法の研究と教育活動を展開しており、世界の安全のために多大な貢献をしています。
 これらの研究は国内でも高く評価され、文部科学省の重要研究教育拠点育成事業である「21世紀COEプログラム(2003年度)」、「グローバルCOEプログラム(2008年度)」に採択されてきました。また、世界的にも、1994年にWHOから「熱帯新興ウイルス感染症に関するWHO研究協力センター」の指定を受け、SARSやニパウイルス感染症の流行の防止をはじめ、世界的な貢献を続けています。
 また、長崎大学は2005年にケニアとベトナムに感染症研究拠点を開設し、地球規模での熱帯病・新興感染症の対策と人材育成に取り組んでいます。このような実績や経験を基盤とし、BSL-4病原体を用いる研究を行うことのできる研究者を育成して世界に輩出する教育研究拠点を長崎の地に構築することで、日本のみならずアジアにおける感染症研究の国際拠点となり、多くの若い学生や研究者がこの地に集うことになります。
 また、長崎はこれまでの歴史的経緯もあり、国内有数の国際観光都市として認知されてきています。2012年2月より長崎上海航路も再開され、これまで以上に多くの人々が海外からこの地を訪れることになります。一方でBSL-4施設で取り扱うことができるクリミア・コンゴ出血熱がアジアの一角まで感染が拡大しているとの研究成果も報告されており、BSL-4病原体の侵入に対して備えることは、国際観光都市として、また住民の安全・安心を確保するうえで重要であると考えております。
 長崎大学は、以上のような世界の状況や本学の実績と経験を踏まえ、日本そして世界の感染症対策に貢献し、いかなる疾病にも対応可能とするために、BSL-4病原体に対応できる安全な施設を用いた研究を開始したいと考えています。

  • 教職員採用情報
  • 願書・資料請求
  • 広報誌・大学紹介ムービー
  • 障害者差別解消等
  • 福島県での活動
  • 高度安全実験(BSL-4)施設について
  • 長崎大学病院
  • メールマガジン
  • 長崎大学工事情報のご案内関連情報
  • 研究・研究者情報検索
  • 学術研究成果リポジトリ
  • 公開講座のご案内
  • 教員免許状更新講習
  • 長崎大学電子化コレクション長崎学デジタルアーカイブズ
  • やってみゅーデスク
  • ジェリーフィッシュプロジェクト
  • 長崎大学学務情報システムNU-Webシステム
  • 就職情報総合支援システムNU-Naviシステム
  • 長崎大学留学生後援会
  • 長崎大学グローバルヘルス基金