ホーム > 修学案内 > 全学教育 > 初習外国語 > 中国語

ここから本文です。

中国語

大学教育機能開発センター
楊 暁安

 中国は,5,000年以上の文明史を持っている古い国です。中国語は世界で最も美しく,歴史のある言語の一つで,国連で使用されている六大言語の一つであり,全世界において使用人口が最も多い言語です。現在,中国経済の発展により,中国の存在は世界においてますます大きくなり,日本と中国との経済関係も緊密化し,人的往来も拡大しています。中国語を身につけさえすれば,中国本土および台湾ばかりでなく,世界中の中国人とコミュニケーションをとることができます。

 漢字という共通の文字を持つ日本人にとっては,中国語は他の言語よりも学び易いと言えるかもしれません。しかし,中国語と言っても,実際は広東語,上海語など,各地に様々な方言があり,その差は甚だしく,互いの意思疎通が不可能である場合も珍しくありません。現在中国では北京方言を中心とする中国北部方言を基礎とした「普通話」と呼ばれる共通語が用いられています。一般に「中国語」と呼ばれるのはこの共通語で,中国,台湾,シンガポール等の国や地域で公用語として用いられており,使用人口はそれだけで13億を超え,俗に「世界の5人に1人は中国語を話す」と言われるように,世界中で最も使用人口の多い言語であることは間違いありません。

 いま,日本の38,000以上の企業が中国に進出しているので,今後,ますます中国語を駆使できる人材が求められ,中国語の使い道は絶えず広がり,中国語を勉強する外国人はますます増えるでしょう。長崎大学でも,新入生の半分以上が中国語を初習外国語として必修にしています。

中国の首都 北京

北京の天安門広場  北京は,中国の首都である。中国の東部,河北省の中央に位置する。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。現在の行政区画としては直轄市である。面積は日本の四国に相当する広がりを持つ。人口は直轄市の重慶,上海に次ぐ中国第三位の都市であり,アジアを代表する世界都市である。
(左図:北京の天安門広場)

簡体字

簡化字総表  現在,中国で正書法として採用されている簡略化された漢字の内,正確には,字全体が簡略化されたものだけを簡体字という。偏や旁など一部が簡略化されたものも含めたものは簡化字という。これらの漢字は『簡化字総表』にまとめられている。
複雑な漢字の簡略化に際して,楷書化した草書の要素を多く取り入れ,また,画数の少ない部品に置き換える手法も多く使っている。

万里の長城

万里の長城  万里の長城は中国にある城壁の遺跡である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)。東端の遼寧省虎山から今まで東端とされていた河北省山海関に至り,西端の甘粛省嘉峪関まで総延長は8,851.8km。英語などでは,「大きな壁」を意味する訳が充てられている。

兵馬俑

兵馬俑  兵馬俑(へいばよう)は,本来は古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち,兵士及び馬をかたどったものを指す。現在では,陝西省にある秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納されたもののみをさすことが多い。ここでは,世界的に著名な始皇帝のそれについて記す。秦の始皇帝陵の一部として1987年,世界遺産(文化遺産)に登録されている。

中国の少数民族

 中国は,人口の94%を占める漢族のほか,チワン族,ウイグル族,モンゴル族,チベット族,回族,ミャオ族,イ(彝)族,トゥチャ族,満族など,政府が認定している55の少数民族よりなる多民族国家である。最大の民族集団は漢族で人口の92%を占め,その他の55の少数民族が残りの8%を占める。
(左図:少数民族の建築)

中国四大名園

四つの歴史を有する庭園  中国にある次の四つの歴史を有する庭園で,いずれも世界遺産に登録されている。
頤和園(左の上)と避暑山荘(右の上)は北方の皇家園林(中国皇帝所有の庭園) で,拙政園(左の下)と留園(右の下)は江南私家園林(中国の貴族・高位官僚や富裕な商人・地主所有の庭園)である。

中国八大料理

中国料理の写真  中国料理の調理法には数多くの流派がある。そのうち最も影響力があり,代表的なものとして社会的に公認されている料理は山東料理(魯菜),四川料理(川菜),広東料理(粤菜),福建料理(「門構えに虫」菜),江蘇料理,(蘇菜),浙江料理(浙菜),湖南料理(湘菜),安徽料理(徽菜)があり“中国八大料理”と称されている。中国“八大料理”の調理法はそれぞれ長所を有し,長い歴史が生み出したものである。