ホーム > 修学案内 > 教養教育(全学教育) > 初習外国語 > ドイツ語

ここから本文です。

ドイツ語

街並み  新入生のみんなー,元気かー?初習外国語をなににするか,もう決めたかい?もう決めた君も,まだの君も,ぼくの話を聞いてよく考えて選んでくれ。

 多分君たちは,先輩や知り合いから,どの科目が単位を取りやすいとか,どの科目が楽だとか情報をもらっているかと思うけど,単位だけもらえりゃ中身はどうでもいいと思っている学生はともかく,どの科目からも学ぶべきものをしっかり学んで4年間を過ごしたいと考えているまっとうな君は,そんなこととは別な基準で科目を選択するはずだ。そもそも語学において,ある言語が他の言語より著しく簡単だ,なんてことはありえない。簡単だとしたら,それは簡単なことしかやっていないということだ。

ゴミ箱  ドイツ語は2年間4単位(2単位のところもあるが。)で,辞書さえあればとりあえずどうにかなるレベルまで君たちの語学力を鍛えることを目標にしている。だから正直たいへんだ。でも過去数年間ドイツ語は平均20名を切るクラスの実現に成功しており,きめ細かい少人数指導が可能だ。やる気のある君とはとことんつきあうぞ。

オブジェ  ドイツは遠いからなじみがないなんて思ってないか?距離がはなれていたって日本という国を考える上で,ドイツは絶対に無視できない。君たちは確かにひと昔前の若者ほどドイツの文学や音楽に親しむことはないかもしれないが,そもそも君たちが近代国家の日本で日々当たり前のように手にしている社会通念や常識のおおもとは,ヨーロッパから移入されたものだ。残念ながらアジアに人権とか民主主義という概念は自生しなかった。近代社会の成員として何が正しくて何が不合理かを判断する日本人の精神は,ヨーロッパの文物を吸収することで洗練されてきたのだ。この点は,いかに日本が経済大国になろうとも,まだまだ学び足りていない。湿潤な風土で育った君たちが大学で触れるべきは,乾いた硬質の合理性だ。精神を媒介するものは言語だ。言語のかなたにどのような精神が待ち構えているか,しっかり見据えた上で学ぶべき言語を選びたまえ。

 とりわけドイツは日本と同様敗戦国となり,似たような現代史をたどってきた。1919年に史上最も民主的な憲法といわれたワイマール憲法を制定した当のドイツ人が,またたくまに史上最悪のナチ政権を頂くことになる。長い反省と悔悟の戦後史のなかで,彼らの民主的精神もまた,様々な形で自己検証され,鍛え上げられていったにちがいない。ある局面でドイツがどう出るかは,日本にも多くの示唆や教訓を与えてくれている。ドイツは遠いところにあるが,実は日本と近い国なのだ。
 フォルクスワーゲンに乗っている君,君もドイツ語を取って,今後はきちんとフォルクスヴァーゲンと発音しなさい。ザイルとかコッヘルとかシュラフとか言っている登山好きの君,君もドイツ語を取りなさい。クランケとかカルテとか和製ドイツ語を使っている医学部,歯学部,薬学部の君,君らがドイツ語を取らんでどうすんだ?大手メーカーの添加物まみれのハムやソーセージをおいしがっている君,ドイツへ行って肉と塩だけでできたハムを食べておいで。数年前のワールドカップをきっかけに,訪れた人々の間でドイツの好感度が急激に上昇した。ドイツへ行ったなら,君がフランクフルト空港に降り立った瞬間から,ドイツ人の無駄のないシステマティックな対応やサービスに接して,そこに君は彼らの合理的精神の一端を垣間見ることになるだろう。

 じゃあ,みんな,授業で会おう!