ホーム > 修学案内 > 教養教育(教養教育) > 全学モジュール > 全学モジュール科目の履修の注意点

ここから本文です。

全学モジュール科目の履修の注意点

全学モジュール科目の履修の注意点1

1.全学モジュール科目は、全学モジュールT科目と全学モジュールU科目で構成されています。

2.1年生前期に本ガイドブック、説明会及びシラバス(授業計画書)を参考に、全学モジュールT科目のテーマを選択します。1テーマ80名の定員数を設けていますので、申し込みが定員をオーバーした場合には、抽選が行われます。

3.1年生後期に本ガイドブック及びシラバス(授業計画書)を参考に、全学モジュールU科目のテーマを選択します。なお、1年生前期に選択した全学モジュールT科目のテーマと同一のカテゴリー内のテーマからしか選択できません。1テーマ50名の定員数を設けていますので、申し込みが定員をオーバーした場合には、抽選が行われます。

4.全学モジュールT科目は1年生後期、全学モジュールU科目は2年生前・後期で開講されます。全学モジュールT科目及び全学モジュールU科目はともに3科目開講され、3科目すべて修得する必要があります。

5.決定した全学モジュールT科目及び全学モジュールU科目のテーマについては、途中で変更することはできません。


全学モジュール科目の履修の注意点2


全学モジュールテーマについては、以下のとおり選択できないテーマがあります。

1:自分が所属する学部が責任部局となって開講する全学モジュールテーマを選択することができません。

2:学部毎に指定された教養教育を履修する曜日以外に開講される全学モジュールテーマを選択することはできません。(1年次では、多文化、教育、経済、薬学、水産は月〜火、医学、歯学、工学、環境は木〜金に開講されるテーマを選択することになります。)

「全学モジュール科目案内」に記載してある対象学部を参照のうえ、選択を行ってください。


全学モジュール科目の履修の注意点3


1.全学モジュールU科目は、6単位(3科目)を上限として認定申請することが可能です。申請可能な科目は、1月中旬頃に決定される全学モジュールU科目のテーマ内の科目になります。

2.申請期間は、2月上旬頃となります。

3.申請結果は、3月中旬頃に発表します。

4.申請に必要な証明書等は、成績証明書1部とシラバス2部です。

5.認定不可となった科目を受講する必要がありますので注意して下さい。

例)3科目申請し、1科目認定された場合

全学モジュールU科目の最低修得単位数(6単位)に4単位足りないので、認定不可となった2科目を受講する必要があります。