ホーム > 修学案内 > 教養教育(全学教育) > 教養教育(全学教育)の履修 > 平成29年度入学者対象 > 学期・校時,単位制,授業科目の履修,考査,成績評価

ここから本文です。

学期・校時,単位制,授業科目の履修,考査,成績評価

学期・校時

教養教育は,前期と後期の2学期制です。ただし,各学期を前半・後半に分けて,開講する科目もあります。
   前期の前半 : 第1クォーター(1Q)   前期の後半 : 第2クォーター(2Q)
   後期の前半 : 第3クォーター(3Q)   後期の後半 : 第4クォーター(4Q)
括弧内に記載しているとおり,第1クォーターのことを1Qのように略して記載することもあります。

教養教育の授業科目は,開講形態により,クォーター科目とセメスター科目に分かれます。
クォーター科目:1つのクォーター8週(定期試験を含む)で完結する授業科目のことで,週1コマ開講の科目と週2コマ開講の科目があります。
   週1コマ開講のクォーター科目 健康科学,地域科学科目など
   週2コマ開講のクォーター科目 自由選択科目や全学モジュール科目の一部など
セメスター科目:前期もしくは後期の15週と定期試験で完結する授業科目のことで,週1コマ開講されます。情報基礎や初習外国語などが該当します。また,授業の一部又は全部を土・日や休業期間に集中して実施する集中講義があります。
授業は,1校時90分を1コマとして開講され,月曜日から金曜日までの次の時間帯に行われます。

                
校時 時間
T校時 8時50分〜10時20分
U校時 10時30分〜12時00分
V校時 12時50分〜14時20分
W校時 14時30分〜16時00分
X校時 16時10分〜17時40分
Y校時 17時50分〜19時20分

単位制

大学を卒業するには,一定数以上の「単位」を修得する必要があります。
「1単位」とは,標準45時間(授業と自宅学習など)の学習を要する内容で構成されており,一定時数以上の授業出席と考査の合格によって与えられます。
教養教育では,各期に履修する一授業科目(毎週1回計15回(30時間))について,以下の授業科目を除いて「2単位」が与えられます。
「1単位」の授業科目:教養ゼミナール科目,健康・スポーツ科学科目,キャリア教育科目,地域科学科目,外国語科目,自由選択科目の一部

授業科目の履修

大学では,ある程度自由に自分で時間割を組むことができます。ただし,学部・学科・課程によって条件があります。時間割表や授業計画書(シラバス)を参考に履修計画を立て,NU-Webシステムで履修登録を行ってください。

考査

授業科目の単位の認定は,考査の結果に基づいて行われます。
考査は,試験,論文,レポートなど各授業科目の総合的な審査(成績評価の審査)のことです。考査に合格したときに単位が認定されます。
また,成績評価には,平素の学業成績及び授業への取組状況等が考慮される場合もあります。

成績評価

成績評価
AA 90点以上 合格
A 80点以上90点未満
B 70点以上80点未満
C 60点以上70点未満
D 60点未満 不合格
他大学等で習得した単位