ホーム > 東日本大震災・支援活動 > トピック > 山下俊一学長特別補佐が「第76回西日本文化賞」を受賞

ここから本文です。

<東日本大震災・支援活動>

山下俊一学長特別補佐が「第76回西日本文化賞」を受賞

2017年11月17日

   山下俊一学長特別補佐(福島復興・原子力災害担当)・福島未来創造支援研究センター長が、「第76回西日本文化賞」を受賞しました。「西日本文化賞」は、九州の文化発展に貢献した方々の業績を顕彰するため、西日本新聞社が1940年に創設し毎年表彰するもので、今年で76回目を迎えます。

   山下学長特別補佐は、放射線被ばくによる甲状腺がんの研究をはじめ、放射線災害医療学の確立と発展に寄与した功績が認められて受賞したものです。

   同賞は二部門あり、学術文化部門からは山下学長特別補佐と九州大大学院理学研究院教授の森田浩介氏の2名が選出され、社会文化部門からは漫画家の松本零士氏と若山牧水記念文学館館長の伊藤一彦氏の2名と合わせて計4名が受賞しました。
贈呈式は文化の日にちなみ11月3日に執り行われました。



受賞者記念写真
受賞者記念写真(左端が山下学長特別補佐)