ホーム > 研究活動・産学官連携 > 研究者情報 > 研究者クローズアップ

ここから本文です。

長崎大学の研究者

01.経済学部 経済協力・国際コミュニケーション
IDA YOKO井田 洋子 教授

井田洋子教授

憲法は国のすべてのルールの土台。
憲法を見れば、
その国がわかります
02.副学長 ダイバーシティ推進センター長 大学病院メディカル・ワークライフバランスセンター長
ITO MASAKO伊東 昌子 教授

伊東昌子教授

ワークライフバランスは、
私の新しい
研究テーマです
03.多文化社会学部
OMI MIHO近江 美保 准教授

近江美保准教授

ジェンダーを切り口に社会を俯瞰。
経済と人権の関係を見直す
04.熱帯医学研究所 環境医学部門
OKUMURA JUNKO奥村 順子 准教授

奥村順子准教授

WHOでエボラ対策の最前線へ。
守備範囲の広さが支えです
05.医歯薬学総合研究科 保健学専攻
ORITA MAKIKO折田 真紀子 助教

折田真紀子

福島・川内村で
見守りを継続することが
応援メッセージになります
06.工学研究科 TDK共同研究講座
WEI XIUQIN魏 秀欽 准教授

魏 秀欽

エネルギー環境問題の克服へ。
小型・高効率電源回路の
開発をめざす
        
07.医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
KUBA SAYAKA久芳 さやか 助教

久芳 さやか

それぞれの人生も視野に入れ
治療方針を患者さんと
一緒に考えたい
 
08.多文化社会学部
SAITSU YUMIKO才津 祐美子 准教授

才津 祐美子

文化遺産の保護には
光と影があります。
その矛盾と解決策を、共に考えたい
 
09.核兵器廃絶研究センター(RECNA)
NAKAMURA KEIKO中村 桂子 准教授

中村 桂子

国際世論の変化を冷静に見極め、
核兵器廃絶に向けた歩を進める
 
10.医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
OHARA-NEMOTO YUKO根本 優子 准教授

根本 優子

科学は誰に対してもフェア。
世界初の発見に大きな手ごたえ
11.経済学部総合経済学科
HAYASHIKAWA MARINA林川 万理水 准教授

林川 万理水

戦略による勝利より、信頼により
社会から生かされる企業を増やしたい
12.医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 フロンティア生命科学分野
FUJITA WAKAKO藤田 和歌子 准教授

藤田 和歌子

中枢神経疾患の改善へ。
国際ネットワークで創薬を目指す
13.医歯薬学総合研究科 リーディング大学院
HONMA KIRI本間 季里 准教授

本間 季里

臨床医学から基礎研究、
そして大学院教育へ
14.医歯薬学総合研究科 医療科学専攻
MASUYAMA RITSUKO増山 律子 准教授

増山 律子

骨は細胞のゆりかご。
カルシウムイオンの動きと細胞の
“生きざま”を解明したい
15.熱帯医学・グローバルヘルス研究科
MATSUYAMA AKIKO松山 章子 教授

松山 章子

“健康”問題は、
その土地に生きる人たちの
社会の在り方を理解することから始まります
16.工学研究科 システム科学部門
YASUTAKE ATSUKO安武 敦子 准教授

安武 敦子

日本の都市や住環境の
“縮小モデル”のヒントを探し、
離島や炭鉱でも調査します
17.地域教育連携・支援センター
YANO KAORI矢野 香 助教

矢野 香

グローバルに活躍する
基盤の一つとしての
非言語スキルです
18.水産・環境科学総合研究科 水産科学領域
YAMAGUCHI ATSUKO山口 敦子 教授

山口 敦子

生物多様性の保全と
水産業の振興。
矛盾する二つを両立させたい
19.水産・環境科学総合研究科 水産科学領域
YOSHIDA ASAMI吉田 朝美 准教授

吉田 朝美

科学的アプローチで
水産業の新たな可能性を探求する
20.教育学部 人間発達講座
YOSHIDA YURI吉田 ゆり 教授

吉田 ゆり

1人ひとり違う
障害特性に寄り添い、
支援方法を見つけていきます