ホーム >大学間連携共同教育推進事業

ここから本文です。

大学間連携共同教育推進事業(文部科学省)

 平成24年度大学間連携共同教育推進事業に長崎県内の大学が連携して取り組む「留学生との共修・協働による長崎発グローバル人材基盤形成事業」及び「多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点」の2件が採択されました。
 本事業は、国公私立の設置形態を超え、地域や分野に応じて大学間が相互に連携し、社会の要請に応える共同の教育・質保証システムの構築を行う取組の中から、優れた取組を選定し、重点的な財政支援を行うことにより、教育の質の保証と向上、強みを活かした機能別分化を推進することを目的とされています。

【留学生との共修・協働による長崎発グローバル人材基盤形成事業】

 長崎県内の各大学から選抜された日本人学生と留学生との混成グループを作り、それを基本形として大学での共修やインターンシップ等での協働を行うことをカリキュラムの中に組み込み、グローバル人材としての基盤形成の場にするものです。事業では、学生企画運営室と事業支援機構が運営の核となって多文化理解・語学力充実、インターンシップ、社会活動などの年次ステージが順次性をもって展開されます。共修科目では、主体的な学習が展開されるとともに双方の学生の対話や相互啓発によって多文化理解能力の向上も図られるとともに、語学力向上の後に行われるインターンシップ等を通して、課題解決能力に必要な協調力や現場力の獲得を目指す取組です。

【多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成拠点】

 わが国の保健医療分野では多職種協働による在宅医療体制の整備が重要な課題となっており、地域包括ケアの中で在宅がん患者の療養支援を行う体制整備を推進する必要性は高い。そこで、薬学・看護学の統合教育体制を確立している長崎県内の国公私立3大学(長崎大学・長崎県立大学・長崎国際大学)が、さらに医学・歯学等の教育者を加えた協働教育体制の充実を図り、県内の4自治体・12職能団体と連携・一体となって、多職種協働による在宅がん医療・緩和ケアを担う専門人材育成の拠点作りを目指す取組です。

大学間連携共同教育推進事業全国Webサイト

 本Webサイトは、金沢大学の選定取組「学都いしかわ・課題解決型グローカル人材育成システムの構築」の一環として大学間連携共同教育推進事業の情報提供を行うものです。
 このWebサイトを中心に文部科学省の指示の下、金沢大学と連携しながら、取組内容や成果等を広く情報発信していきます。

「大学間連携共同教育推進事業」パンフレット

  • 衆議院議員総選挙
  • 教職員採用情報
  • 願書・資料請求
  • 広報誌・大学紹介ムービー
  • 障害者差別解消等
  • 福島県での活動
  • 高度安全実験(BSL-4)施設について
  • 長崎大学病院
  • メールマガジン
  • 長崎大学工事情報のご案内関連情報
  • 研究・研究者情報検索
  • 学術研究成果リポジトリ
  • 公開講座のご案内
  • 教員免許状更新講習
  • 長崎大学電子化コレクション長崎学デジタルアーカイブズ
  • やってみゅーデスク
  • 地域教育総合支援センター(ジェリーフィッシュプロジェクト)
  • 大学コンソーシアム長崎
  • 長崎大学学務情報システムNU-Webシステム
  • 求人情報システム 求人検索NAVI
  • 長崎大学地(知)の拠点整備事業(大学COC+事業)
  • 長崎大学留学生後援会
  • 長崎大学グローバルヘルス基金