免許更新制について

長崎県教員免許状更新講習
 平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から教員免許更新制が導入されました。教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。基本的な制度設計としては,原則的に、有効期間満了日(修了確認期限)の2年2ヶ月から2ヶ月前までの2年間に、大学などが開設する30時間以上の免許状更新講習を受講・修了した後、免許管理者(都道府県教育委員会)に申請する必要があります。


 長崎県教員免許状更新講習は、長崎県内の大学・短期大学等理事長・学長会のもとに長崎県内の大学・短期大学及び長崎県によって設立された「長崎県教員免許状更新講習連絡協議会」により実施されます。この連絡協議会は、長崎県内の教員等を主対象とした免許状更新講習の円滑な実施を図ることを目的にし、それに関する事項を協議することになっており、この連絡協議会で決定した事項を、長崎県内の大学・短期大学等理事長・学長会へ報告するとともに、更新講習の開設を各大学・短期大学に依頼してその実施に当たることになっています。
更新講習開設大学等名
長崎大学・長崎県立大学・長崎総合科学大学・活水女子大学・長崎純心大学・長崎国際大学
長崎外国語大学・長崎ウエスレヤン大学・長崎女子短期大学・長崎短期大学
教員免許更新制(文部科学省)New Window