ホーム > 学部案内 > 環境科学部 > 概要

学部案内 環境科学部

  • 概要
  • 入試
  • 授業・カリキュラム
  • 就職・進路・資格
  • 研究室・教員紹介
  • Q&A

環境科学部アドミッション・ポリシー

1.教育理念・目標

環境科学部は,人間と環境の調和的共生という人類史的な課題に対し,自然と人間との調和を踏まえた自然環境の保全と持続可能な人間社会の創造・実現に寄与することを理念としています。その実現に向けて,分化した従来の学問や科学の領域にとらわれることなく,文系・理系の両面から環境をめぐる諸問題を多角的に捉える視点をもち,問題解決のための専門的知識や能力を有する人材の養成を目指しています。

2.求める学生像

(1) 本学部での就学の基礎となる学力が身についている人

(2) 論理的思考力をもっている人

(3) 環境への強い関心を持ち,環境科学を幅広く学ぶ意欲をもっている人

(4) 自主的に行動できる人

(5) 責任感が強く,協調性と思いやりがある人

(6) 社会に対する奉仕の志がある人

3.入学者選抜の基本方針

 環境科学部の入学試験では,幅広い基礎学力を尊重し,論理的思考,学習及び環境問題に取り組む意欲を評価します。また,社会貢献と環境科学の発展に資する人物を重視します。


4.選抜方法

【一般入試】

前期日程

  ・前期日程では,幅広い基礎学力に焦点をあてた評価・選抜を行います。

  ・そのため,前期日程では大学入試センター試験,個別学力試験を課します。

後期日程

  ・後期日程では,文系分野または理系分野のいずれかに特に秀でた学力を有し,意欲的な学習志向のもとに,社会的貢献と環境科学の発展に資することのできる優秀な人物を選抜します。

  ・そのため,後期日程では大学入試センター試験,面接を課します。

【推薦入試U@】

  ・在籍する(在籍した)学校において,普通科における勉学及び勉学以外の諸活動等の両面において学校長の推薦を受けるにふさわしい優秀な成績や成果を残すとともに,環境科学を学ぶ強い意欲を有し,社会的貢献と環境科学の発展に資することのできる人物を選抜します。

  ・そのため,推薦入試U@では大学入試センター試験を重視しつつ,調査書,推薦書,志望理由書を評価し,面接を課します。

【推薦入試UA】

  ・在籍する学校において,専門教育を主とする学科または総合学科における勉学及び勉学以外の諸活動等の両面において学校長の推薦を受けるにふさわしい優秀な成績や成果を残すとともに,環境科学を学ぶ強い意欲を有し,社会的貢献と環境科学の発展に資することのできる人物を選抜します。

  ・そのため,推薦入試UAでは調査書,推薦書,志望理由書を重視しつつ,大学入試センター試験及び面接を課します。

【外国人留学生入試】

  ・環境科学に対する強い学習意欲とそれを学ぶための日本語を主とする基礎学力をもち,豊かな感性と国際的な広い視野でもって,環境科学の発展に貢献しようとする人物を選抜します。

  ・そのため,外国人留学生入試では日本留学試験,小論文,面接を課します。

5.各選抜試験で特に重視するポイント

 

基礎学力

文系または理系学力

論理的思考力

環境への関心

学習・研究意欲

社会的貢献への意欲

国際的な広い視野

日本語

前期日程

 

 

 

 

 

 

 

後期日程

 

 

推薦入試U@

 

 

 

推薦入試UA

 

 

 

 

外国人留学生入試

 

 

 


環境科学部

 環境科学部は平成9年10月に国立大学で初めて設立された,文理両面から総合的に環境科学を教育し研究する学部です。 「人間と環境の調和的な共生」を理念に掲げ,地球環境の保全と持続可能な社会の確立に貢献するための教育研究を行っています。

■環境科学部の特徴
長崎大学環境科学部は,問題解決型の環境スペシャリストを養成する学部です。環境科学科の1学科のみで構成されていますが,学生の履修コースとして,環境政策コース(文系)と環境保全設計コース(理系)の2コースが設けられています。そして,環境科学科の教育研究を支える教員組織として「人間社会環境学系」と「環境保全設計学系」とが設けられています。社会科学と自然科学の領域を越えて総合的に地球環境問題を見つめ,未来に向けて,地球環境の全体的保全と持続可能な社会の確立を図ることを目的に教育研究を行っています。

@■環境科学部では高等学校教諭一種免許状(公民または理科)を取得可能
  環境科学部では,平成28年度入学生より教員免許を取得できるようになりました。高等学校教諭一種免許状 (公民)は環境政策コースの学生に限り,高等学校教諭一種免許状(理科)は環境保全設計コースの学生に限  り,所定の授業科目の単位を修得した場合,教育職員免許状(高等学校教諭一種免許状(公民)または(理科) が取得できます。

A■環境科学部のカリキュラムでは以下の資格を取得可能
  @○社会調査士
    「社会調査士」とは,社会調査の知識や技術を用いて,世論や市場動向等をとらえることのできる能力を    有する「調査の専門家」のことです。社会調査士資格には,「社会調査士」と「専門社会調査士」の2種類が   ありますが,環境科学部で「社会調査士」のみ取得可能です(専門社会調査士は,大学院修了レベルの資    格です )。
   資格の認定は,社会調査士認定機構が行います。社会調査士資格認定機構は,日本教育社会学,日本行  動計量学会,日本社会学会の三学会が,相互の連携協力のもとに,2003年11月に設立されました。これまで  に東京大学や京都大学など128校が資格制度に参加しました。環境科学部では,指定された科目を受講し,  所定の事務手続きをすれば,卒業時に社会調査士資格を取得できます。
 
 A○環境再生医
   「環境再生医」とは,”環境”復元・再生に際して,あたかも町医者のように,環境の現状を診察(調査・診断)  し,処方(対策の計画)をたて,治療(施術・施行)をほどこし,さらにはその後のケアー(維持管理)を継続的   に行う環境分野の専門家です。本資格は,専門技術を育てるだけの資格ではなく,むしろ自身の専門性に加  え,環境に対する理念と展望を持って,環境再生現場における協働の取り組みや合意形成を推進し,さらには  環境学習や社会啓発活動にも携わっていける人材の育成を主要な目的としています。
   環境再生医の資格は,一定の実務実績をもつ者がNPO法人自然環境復元協会主催の講習を受け,その際  の試験に合格することによって授与されるものです。これとは別に認定校制度があり,本協会の認定した大学  ,専門学校などの指定された科目の単位を取得した在学生に対して,環境再生医(初級)の資格が卒業時に  授与されるものです。環境科学部も認定校になっています。
   資格の認定は,(認定NPO法人)自然環境復元協会が行います。自然環境復元協会は,環境再生医初級   認定科目に該当するカリキュラムを実施する大学,専門学校を認定校として契約し,資格取得に該当する一定  の科目の単位を取得した学生に対し,同校の推薦に基づき,最終学年終了前に環境再生医(初級)の資格認  定を行います。環境科学部では,指定された科目を受講し,所定の手続きを行えば,卒業時に環境再生医(初  級)を取得できます。
 
 B○自然再生士補
   「自然再生士補」とは,自然再生に必要な基礎的な知識を有する,自然再生の推進者で「自然再生士」が実  行する自然再生業務や活動を補佐できる能力が求められます。 自然再生士補の認定を受けた場合,自然再  生士資格試験の受験資格に定める実務経験年数に規定される期間を短縮して受験できます。環境科学部は  平成27ねんどから自然再生士補資格養成機関として認定されましたので,平成26年度入学生から,自然再  生士補の認定が可能となりました。
   資格の認定は,一般財団法人日本緑化センターが行います。日本緑化センターは,昭和48(1973)年9月,  経済界をはじめ,林業,農業,造園建設業,緑化樹木生産業など民間各界が中心となり,旧農林省・建設省・  通商産業省の三省と関係訪問の協力により設立されました。これまでに京都大学や千葉大学など50校が資   格制度に参加しました・環境科学部では,指定された科目を受講し,所定の事務手続きをすれば,卒業時より  前に自然再生士補の認定を受けることができます。


■環境科学部での教育研究
環境政策コースは,社会学系の学問を中心にした,環境政策の専門性を養うコースです。環境保全設計コ ースは,自然科学系の学問を中心にした,環境保全及び環境設計の専門性を養うコースです。本学部で修学する学生は,2年次進級時に,この2つのコースのいずれかを選択します。

環境政策コースと環境保全設計コースの教育目的

■環境政策コースの教育目的
環境政策コースでは,環境と調和し共生する人間社会の持続的な発展を可能にするため,社会経済システム, 環境保全と行政,国際関係につい ての知見を備えた行政官・企業人・研究者・言論人などの人材を育成することを目的として,次のような事柄を学びます。

・環境に負担の少ない循環型経済の構想
・環境保全型産業や環境保全型ライフスタイルの考察
・環境問題のリスク管理や環境紛争・環境訴訟の処理制度
・環境問題に関係する社会運動や環境関連の非政府組織・非営利組織の役割
・環境アセスメントや社会調査の方法
・自然観や生命観の推移と環境思想

■環境保全設計コースの教育目的
環境保全設計コースでは,生活に密着した環境問題からグローバルな環境問題や国際的な環境対策まで積極的に参加できる国際人,地球的規模での環境保全に取り組める技術者・行政官・研究者などの人材の育成を目的として,次のような事柄を学びます。

・気圏・水圏・地圏・生物圏の特性と物質循環の構造や自然環境の複雑な相互作用
・環境に配慮した都市開発や環境設計
・環境汚染物質の適正管理,廃棄物の低減および処理方法
・自然環境の保全と自然災害の防止
・資源保護と再生資源の利用法
・環境にやさしい物質の創製や製品の開発
・環境変化が生体に与える影響の分析

カリキュラムは1年次に教養教育科目と両コース共通の科目を配置し,環境科学の基礎知識を修得します。2年次からはそれぞれのコースの基礎科目と専門科目を履修し,さらに,他コースの科目を融合科目として履修することで他のコースの専門知識も学びます。4年次には,3年次までの講義,演習で学んだ基礎知識をもとに,環境科学に関する特定の研究テーマに取り組み,環境科学の研究を遂行するための諸能力を養い,その研究成果を卒業研究としてまとめます。

   平成26年度から変更を予定(詳細決定後,情報を更新します)

Get ADOBE READER

PDF ファイルをご覧いただくためには,Adobe®Reader®が必要です。
アドビ社より無料でダウンロード可能です。

学部案内

  • 多文化社会学部
  • 教育学部
  • 経済学部
  • 医学部
  • 歯学部
  • 薬学部
  • 工学部
  • 環境科学部
  • 水産学部

願書・資料請求はこちら

  • 長崎大学から始まる未来を
  • やってみゅーでスク
  • 環境科学部オリジナルサイトはこちら

ページの先頭へ戻る