News & Topics

2013年4月1日 ホームページを開設しました。
2013年4月1日 後援会ニュースに「Vol.10 2013年4月号」を掲載しました。
2013年4月1日 私費外国人留学生を対象に、民間宿舎入居時の負担を軽減するため在学中一回に限り家賃と不動産仲介手数料の補助を行っています。

About Us

母国を離れ、それまでとは異なる環境で勉学に励む外国人留学生には、 生活面等で日本人学生とは異なる様々なハンディがあります。 長崎大学外国人留学生後援会は、 長崎大学において学ぶ外国人留学生を物心両面から支援することや、 日本人や地域社会と外国人留学生との交流の促進等を目的に昭和60年に設立されました。

現在、長崎大学内外の約450の個人及び団体の方々のご支援に支えられ、 留学生が安心して長崎大学で学べるよう、 次のような支援事業を実施しています。

【主な事業内容】

  • 民間宿舎費補助事業
  • 民間宿舎入居者賠償責任保険等加入支援事業
  • 国際交流会館入居者賠償責任保険等加入支援事業
  • 交流事業補助
詳細はこちら
後援会ニュース最新号

Message -留学生後援会会長からのメッセージ-

日本の大学における留学生の持つ意味は近年大きく変わりつつあります。 一頃は、途上国から留学生を受け入れ、 母国の発展を担うリーダーとしての能力を付与して帰国させるという国際貢献的観点が大きかったようですが、 今や留学生は国際展開をする日本企業からのニーズが増大するとともに、 日本の大学の国際化の牽引役としても不可欠の存在となっているのです。

長崎大学には現在、約420名の外国人留学生が学んでいますが、 この数を早い段階で1000名の大台に乗せたいと考えています。 これが、本学の最重要の改革目標の一つです。

優秀な留学生たちが世界中から本学に集まり、 快適に勉学に励むことのできる環境の整備に全力で取り組みたいと思います。 長崎大学外国人留学生後援会の会員の皆様には、 これまでも、留学生の就学支援・生活支援に多大な貢献をいただいてまいりました。 今後、後援会の輪がますます拡大し、 留学生にとってより快適な就学環境の実現に寄与することを念願しております。 そして、そのことが長崎大学さらには日本の発展にもつながると確信します。

写真 片峰 茂(長崎大学長)