留学生のみなさんへ

 長崎大学外国人留学生後援会が、皆さんの学生生活のサポートを行うための事業を紹介します。サポートを受けるために皆さんが必要な手続きをご確認ください。

●宿舎補助金、仲介手数料

 私費外国人留学生を対象に、民間宿舎入居時の負担を軽減するため在学中一回に限り家賃と不動産仲介手数料の補助を行っています。
 家賃補助:月額5,000円×2ヶ月
不動産仲介手数料補助:最高10,000円

 補助を希望する学生は、下記の書類を持って国際教育リエゾン機構事務室までお越しください。
 〈補助を申請する際に必要なもの〉

  • 住宅契約書の写し
  • 2か月分の家賃支払いが分かる領収書の写し
  • 仲介手数料を支払ったと分かる書類の写し(仲介手数料が発生しない契約もあります)

●民間宿舎入居者賠償責任保険等加入支援事業

 民間宿舎に入居する長崎大学が保証人となっている留学生に、「日本国際教育支援協会留学生住宅総合補償」の加入金(1年間4,000円、2年間8,000円)の補助を行っています。
 この保険は、留学生に対する賠償責任補償と傷害後遺障害補償のほかに保証人のための補償も含まれています。
 なお、平成24年7月より「日本国際教育支援協会留学生住宅総合補償」へ加入する留学生のため、長崎大学研究国際部長名で保証人となっています。
 学生の皆さんの手続きは不要です。ただし、長崎大学に保証人になってもらうためには、民間アパートとの長崎大学専用の契約書の原本を国際教育リエゾン機構事務室に持参する必要があります。

●国際交流会館入居者賠償責任保険等加入支援事業

 長崎大学国際交流会館に入居する全留学生には、個人賠償責任保険への加入金(1年間1,900円)の補助を行なっています。また、国際交流会館のA棟とB棟に入居する留学生のためには、火災等の事故による借家人賠償責任補償や家財補償が含まれている、総合家財保険への加入金(1年間1部屋3,870円)の補助も行なっています。
 学生の皆さんの手続きは不要です。

●交流事業補助

 留学生に対する長崎の歴史や文化を紹介するための事業や日本人学生や地域住民との交流事業に対する支援を行なっています。例年、新規渡日留学生を対象に平和と長崎の歴史を学ぶために実施されている「長崎平和大学」への留学生の参加料の補助、及び留学生と日本人学生や地域住民との交流事業として長崎大学外国人留学生協会(NUFSA)が主催する、インターナショナル・カルチャー・デイへの補助を行っています。
 支援を希望する団体等は、国際教育リエゾン機構事務室へお問い合わせください。(お問合せ)