ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 「JENESYS2016」中国大学生訪日団が長崎大学を訪問

ここから本文です。

「JENESYS2016」中国大学生訪日団が長崎大学を訪問

2017年03月21日

平成29年3月10日(金)対日理解促進交流プログラム「JENESYS2016」の一環として、中国大学生訪日団一行約60名が長崎大学を訪問しました。
一行は経済・経営を学ぶグループ、医学を学ぶグループに分かれ、それぞれ経済学部の武藤文庫及び医学部地区の原爆医学資料展示室、熱帯医学研究所ミュージアムの見学や大学病院の医療教育開発センターでシミュレーターを体験したほか、それぞれの学部で学ぶ日本人学生や留学生、教員と交流を図りました。
施設見学では、担当者の説明に熱心に耳を傾け、学生等との交流では、本学で学ぶ内容や長崎での生活等に高い関心を示した様子でした。


リエゾン機構松島大輔教授による挨拶


熱帯医学研究所ミュージアムでの説明


医学部生との交流


岡田裕正経済学部長による学部説明

 


原爆医学資料展示室での見学


博士課程を学ぶ留学生による研究内容説明


大学病院でのシミュレーター体験


経済学部生との交流

長崎大学について