ホーム > 長崎大学について > 寄附金・共同研究・受託研究 > 寄附講座(寄附研究部門)

ここから本文です。

寄附講座(寄附研究部門)

趣旨

 寄附講座(寄附研究部門)とは、奨学を目的とする民間等外部の機関からの寄附を有効に活用し、本学における教育研究の進展及び充実のために開設する講座(部門)をいいます。なお、寄附講座(寄附研究部門)の名称は、教育研究の内容を示す名称を付しますが、寄附者が明らかとなる名を付加することも可能です。
 【寄附講座】
  寄附講座は、講座において行われる教育研究に相当するものを実施するもので、民間等外部の機関からの寄附により、教員給与、研究費、旅費、光熱水料等その他講座運営に必要な経費を賄うものをいいます。
 【寄附研究部門】
  寄附研究部門は、研究部門において行われる研究に相当するものを実施するもので、民間等外部の機関からの寄附により、教員給与、研究費、旅費、光熱水料等その他講座運営に必要な経費を賄うものをいいます。

設置の手続き

  1. 民間等外部の機関から長崎大学に寄附講座(寄附研究部門)の設置を目的とする「寄附申込書」(様式第1号)を,設置をご希望される部局等の窓口へ提出願います。
  2. 部局等で審議するために,寄附講座(寄附研究部門)の概要を大学側と協議して作成していただきます。作成していただく書類は「寄附講座の概要」(様式第2号)又は「寄附研究部門の概要」(様式第3号)です。
  3. 部局等で寄附講座(寄附研究部門)の設置について審議します。
  4. 部局等は,学長に申請し,大学事務局の会議での審議結果を受けて学長が決定します。
  5. 設置が決定しましたら,寄附金の納付依頼を行いますので,寄附金の納入をお願いします。
  6. 寄附金が納入されましたら寄附講座(寄附研究部門)を設置いたします。

※関係規程及び様式

長崎大学について