ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 今後開催予定のイベント情報一覧 > 「新型コロナとグローバルヘルス」〜新興感染症のパンデミックにどう立ち向 かったか。課題と教訓〜

ここから本文です。

「新型コロナとグローバルヘルス」〜新興感染症のパンデミックにどう立ち向 かったか。課題と教訓〜

2021年03月07日(日曜)〜03月09日(火曜)

世界を覆う未曾有のパンデミックとなった新型コロナは、今なお我々の社会、生活に大きな影響を及ぼし、ワクチンや変異種の登場とともに新たなステージへ向かおうとしています。日英の感染症疫学の専門家が、それぞれの視点からこれまでの課題と教訓、そしてメディアを含めた公衆衛生の役割について基調講演。パネルディスカッションでは、東京や九州、東南アジアなどの事例を報告し、それぞれの地域が抱える課題と展望を論じます。

<1日目> 公開シンポジウム

【開催日時】2021年3月7日(日)17:00〜20:00 (予定)

【開催形式】ハイブリット式(対面+オンライン)実施予定

※状況によりオンラインのみでの対応となる可能性があります

◆座 長◆
元日本感染症学会理事長・会長 東京大学名誉教授  
                  岩本 愛吉 氏

ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長
                     ピーター・ピオット 氏

◆基調講演◆
京都大学大学院医学研究科環境衛生学分野教授
                     西浦 博 氏

ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院教授  
                                      ジョン・エドモンズ 氏

国立国際医療研究センター 国際感染症センター長  
                                      大曲 貴夫 氏

◆講 演◆ 
長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科副研究科長  
                                      有吉 紅也

長崎大学熱帯医学・グローバルヘルス研究科教授  
                                      クリス・スミス


【参加者数】対面100名、オンライン300名(予定)※先着順

【開催場所】アクロス福岡国際会議場(福岡市中央区天神1-1-1)

【使用言語】英   語(同時通訳付き)

「新型コロナとグローバルヘルス」〜新興感染症のパンデミックにどう立ち向 かったか。課題と教訓〜
*クリックして拡大(PDF:1.4MB)

 

<2・3日目> 分科会

【開催日時】 2021年3月8日(月)、3月9日(火) 17:00〜20:00 (予定)

【開催形式】 オンラインのみ

【使用言語】 英 語



【参 加 費】  無 料(事前登録制)

【参加方法】 専用サイト(https://iscgh.jp/)からお申し込みください

※1日だけの参加も可

【事前申込期間】 2021年2月1日(月)〜3月1日(月)

【専用サイト】  https://iscgh.jp/ ※詳細はこちらをご覧ください

【主  催】   長崎大学

【共  催】   日本医学ジャーナリスト協会西日本支部

【運営事務局】 フジノオフィス、(株)コングレ九州支部、長崎大学

<お問合せ先>
長崎大学生命医科学域・研究所等支援課 卓越大学院シンポジウム事務室
Tel:095-819-7583
HP:https://iscgh.jp/
Email:contact*iscgh.jp (*を@に変換してください)

 
長崎大学について