ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > 今後開催予定のイベント情報一覧 > 公開シンポジウム 「核の脅威にどう対処すべきか:北東アジアの非核化と安全保障」

ここから本文です。

公開シンポジウム 「核の脅威にどう対処すべきか:北東アジアの非核化と安全保障」

2017年11月23日(木曜)

公開シンポジウム
「核の脅威にどう対処すべきか:北東アジアの非核化と安全保障」

科研費結果発表
   :鈴木達治郎(RECNAセンター長・教授)
   :広瀬訓(RECNA副センター長・教授)
   :中村桂子(RECNA准教授)
パネル討論
   :藤原帰一(東京大学政策ビジョン研究センター長・法学政治学研究科教授)
   :太田昌克(共同通信編集委員・RENCA客員教授)
   :吉田文彦(RECNA副センター長・教授)※コーディネーター

【日時】2017年11月23日(木)13:30-16:30
【場所】東京大学伊藤国際学術研究センター中教室
          (東京都文京区本郷7-3-1)

入場無料・要事前申込

【申込先】
◇前日まで:長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
     T E L:095-819-2164
     Email:recna_staff@ml.nagasaki-u.ac.jp
◇当日のみ:東京大学政策ビジョン研究センター安全保障ユニット
     T E L:03-5841-0935
     Email:ssu@pari.u-tokyo.ac.jp

チラシ

※クリックで拡大(PDF496KB

長崎大学について