ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 薬学部3年生の江藤諒さんが第1回GenoCon(国際合理的ゲノム設計コンテスト)で優秀プログラム賞を受賞

ここから本文です。

薬学部3年生の江藤諒さんが第1回GenoCon(国際合理的ゲノム設計コンテスト)で優秀プログラム賞を受賞

2012年11月01日

江藤 諒さん

薬学部3年生 
江藤 諒さん

トロフィー

 

薬学部3年生の江藤 諒さん(薬科学科)が,理化学研究所が主催する、第1回GenoCon(国際合理的ゲノム設計コンテスト)で優秀プログラム賞を受賞しました。GenoConは、理研サイネスに統合されているゲノムデータやタンパク質データなどの公開データベース群を活用して、植物の生理機能を高めるためのDNA配列を参加者に合理的に設計してもらうコンテストです。

選考委員会からの受賞理由として、
「コドンの最適化方法を確率的なアルゴリズムで具体的に実装した江藤氏に決定した。アルゴリズムの説明も分かりやすく説明されており、他の人がこのプログラムを読んで理解できるため、さらなる改良を誘導する効果がある点が高く評価された。また、実際にこのアルゴリズムで最適化されたDNA配列が十分機能することも実験審査で確認された。」
との通知を受けています。

また、その栄誉をたたえるための記念のトロフィーには、江藤さんがデザインしたDNA配列を持つ植物体がアクリル封入されています。

長崎大学について