ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 水産・環境科学総合研究科 梅澤有准教授らの論文が「速水論文賞」を受賞

ここから本文です。

水産・環境科学総合研究科 梅澤有准教授らの論文が「速水論文賞」を受賞

2014年04月03日

水産学部の梅澤有准教授らの論文(下記※)が、日本海洋学会の沿岸海洋研究会が発行している学術誌「沿岸海洋研究」に掲載された論文の中から、2年に1報、優秀な論文に対して授与される「速水論文賞」を受賞しました。

日本国内で初めて、沿岸海域(有明海西岸)への地下水の流入量、及び栄養塩の流入量を、化学トレーサー(放射性同位体の222Rn)を用いて明らかにしたことが評価されました。

※「塩川麻保・山口聖・梅澤有* "有明海西岸域への地下水由来の栄養塩供給量の評価" 沿岸海洋研究, 50(2): 85-95, (2013)」

授賞式は、2014年3月26日に、東京海洋大学品川キャンパス(東京都品川区)で開かれた2014年度日本海洋学会春季大会で行われました。

水産・環境科学総合研究科 梅澤有准教授

水産・環境科学総合研究科 梅澤有准教授

賞状授与





長崎大学について