ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科の折田真紀子助教が第84回日本衛生学会学術総会にて若手優秀演題賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科の折田真紀子助教が第84回日本衛生学会学術総会にて若手優秀演題賞を受賞

2014年06月09日

  医歯薬学総合研究科保健学専攻看護学講座の折田真紀子助教が2014年5月25−27日岡山県で開催された第84回日本衛生学会学術総会にて、「川内村の避難指示区域における環境放射能と個人被ばく線量評価」と題して発表し、若手優秀演題賞を受賞しました。

これは福島県川内村にある長崎大学・川内村復興推進拠点にて実施されたもので、原子力災害の影響を受け今だ、避難指示区域に設定されている地域において、住宅周辺の環境放射能レベルと個人の被ばく線量を調査した結果が発表されました。

この発表は、今後の福島復興を進めるための有用な知見となることが期待されます。

 




 



 折田真紀子助教

折田真紀子助教

賞状


 

 

 


       
       
       
       
       

長崎大学について