ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 大学院医歯薬学総合研究科の学生が3つの優秀発表賞を受賞する快挙

ここから本文です。

大学院医歯薬学総合研究科の学生が3つの優秀発表賞を受賞する快挙

2014年07月29日

大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程2年生(現)の西丸 達也 君(薬品製造化学研究室)は全国大会の学会で立て続けに3つ賞を受賞致しました。

3月29日に開催された日本薬学会第134回年会において優秀発表賞を、5月24日に、第12回次世代を担う有機化学シンポジウムにおいて優秀発表賞を、6月7日に第24回万有福岡シンポジウムにおいて有機合成化学協会九州山口支部ポスター賞を受賞しました。

西丸 達也 君の研究内容は「二量化アプローチによるマリノマイシンAの全合成」と題するものです。マリノマイシンAはVREやMRSAに対する抗菌活性に加え、強力な抗腫瘍作用を有する海洋天然物であり、二量体として44員環の大環状骨格を形成する例のない構造を有しています。西丸君は畑山範教授の指導のもと、種々の高選択的な反応を駆使することで単量体を合成し、これを直接二量化することで、高効率的にマリノマイシンA の全合成を達成しました。直接的二量化による合成は多くの研究者が挑戦していましたが、これまで成功例はなく、今回の西丸君の合成が世界初であります。これらの結果が高く評価されました。

大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程2年生(現)の西丸 達也 君

大学院医歯薬学総合研究科 
生命薬科学専攻 博士後期課程2年生(現)
西丸 達也 君

日本薬学会第134回年会 優秀発表賞

日本薬学会第134回年会 
優秀発表賞

第12回次世代を担う有機化学シンポジウム  優秀発表賞

第12回次世代を担う有機化学シンポジウム  
優秀発表賞

第24回万有福岡シンポジウム  有機合成化学協会九州山口支部ポスター賞

第24回万有福岡シンポジウム  
有機合成化学協会九州山口支部ポスター賞

 

 


       
       
       
       
       

長崎大学について