ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 水産・環境科学総合研究科の片山健介准教授が、日本計画行政学会奨励賞を受賞

ここから本文です。

水産・環境科学総合研究科の片山健介准教授が、日本計画行政学会奨励賞を受賞

2014年09月25日

水産・環境科学総合研究科の片山健介准教授が、日本計画行政学会奨励賞を受賞しました。

同賞は、原則として40歳未満の研究者で、計画行政に関する優れた研究論文を発表した個人または集団を対象に授与されるものです。

受賞対象となった論文「フランスの大都市共同体にみる連合体と基礎自治体の関係向上の実践に関する研究〜リール大都市共同体の地区(Territoire)を事例として〜」(計画行政第36巻第4号(通巻117号)2013年 掲載)は、将来への発展の可能性を十分に有する研究業績であると評価されました。

なお、授賞式は、2014年9月12日の日本計画行政学会第37回全国大会(一橋大学国立キャンパス)にて行われました。








水産・環境科学総合研究科 片山健介准教授

水産・環境科学総合研究科
片山健介准教授

記念品

 

 


       
       
       
       
       

長崎大学について