ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 映画「風に立つライオン」公開記念_長崎大学のアフリカでの活動特設ページ

ここから本文です。

映画「風に立つライオン」公開記念_長崎大学のアフリカでの活動特設ページ

2015年03月13日

2015年3月14日に公開された映画「風に立つライオン」。主演の大沢たかおさんが演じる医師のモデルとなったのは、1970年代にケニアで医療活動に従事した長崎大学の柴田紘一郎医師。その縁もあり、今回の映画撮影に際し、長崎大学は、アフリカ拠点がケニアでのロケを全面的にサポートしたほか、合格発表のシーン(中部講堂)、主人公がアフリカ行きを告げるシーン(坂本キャンパス・グラウンド)のロケ地提供、医療技術協力などを行いました。

このページでは、映画の撮影協力秘話に加え、映画の舞台となったアフリカでの現在の長崎大学の活動についてご紹介します。

ポスター
©2015「風に立つライオン」製作委員会

   

「風に立つライオン」公開記念対談◆大沢たかお氏×片峰学長◆

映画「風に立つライオン」の公開を記念して、2015年3月14日に主演の大沢たかおさんと長崎大学の片峰茂学長が対談しました。この対談の内容は、2015年3月20日の読売新聞朝刊に掲載しています。

「風に立つライオン」公開記念対談

※クリックで拡大
(PDF/2.9 MB)

   

映画「風に立つライオン」撮影協力秘話

 「風に立つライオン」の主要なロケ地であるアフリカ・ケニア共和国。しかしアフリカでの映画撮影には多くの苦労があったようです。その負担を少しでも軽くするため、長崎大学アフリカ拠点ではケニアでの事務手続きの調整や施設の開放など、映画撮影を全面的にサポートしました。しかも、映画の重要な場面で大学職員がエキストラとして出演(セリフももらっていました)。その様子は広報誌CHOHOで取り上げていますので、詳しくは右の画像をクリックしてご覧ください。

CHOHO

※画像をクリックすると電子書籍で開きます

   

写真で見る長崎大学のアフリカでの挑戦の半世紀

長崎大学は1960年代から継続的に、アフリカで様々な支援・研究活動をしています。
その内容を写真で振り返りながら紹介します。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

【1964〜1966年】
熱研、アフリカの大地を踏む

1964年、林薫教授が、京都大学アフリカ学術調査隊の一員として随行、ウイルス疾患の調査を行った。
  林薫教授の調査結果を基盤として、翌年、長崎大学東アフリカ学術調査隊が組織された。
 片峰大介氏 片峰大助教授らが日産自動車から無償貸与された自動車に乗り込み、タンザニア、ケニア、ウガンダで寄生虫・原虫の疾患の調査、研究を行った。
  これが、長崎大学のアフリカでの活動の源流となり、以後、半世紀にわたるアフリカでの調査・研究活動が始まった。
【1966〜1975年】 リフトバレー州立総合病院での医療貢献
 リフトバレー州立総合病院

1966年に、OTCA(現在のJICA)の事業として、ケニアのリフトバレー州立総合病院への医療協力が始まった。長崎大学から医師、看護師が派遣され、マラリア、リーシュマニア症などの熱帯病を診察した。映画のモデルとなった柴田医師は、この活動に従事。柴田氏の話にインスパイアされたさだまさし氏が1987年に、楽曲『風に立つライオン』を発表したことが、今回の映画の基になった。

 フライングドクター 手術のために飛行機で飛び回るフライングドクターも登場した。
【1979〜2006年】 ケニア中央医学研究所(KEMRI)との「伝染病対策研究プロジェクト」
 KEMRIと熱帯医学研究所の研究者たち 1979年にJICA(国際協力機構)の無償資金協力などにより、ケニア中央医学研究所(KEMRI)が設立された。熱帯医学研究所はKEMRIの「伝染病対策研究プロジェクト」の中心的な役割を担い、延べ116名の研究者が派遣された。
 フィールド調査の様子 コレラ対策のために川を調査したり、川に生息する住血吸虫の中間宿主(貝)の数を調べたりするなど、多岐にわたるフィールド研究が行われ、その業績は現地への大きな貢献となった。
【2005年〜   】 念願の熱研ケニア拠点を設置
 初期のケニア拠点 2005年、KEMRI構内に待望のケニア拠点が、平屋のコンテナハウスとして設置された。「新興・再興感染症および熱帯感染症研究の継続的、包括的研究」の連携融合事業としてスタートした。
 BSL-3施設 ビクトリア湖岸のビタ、インド洋沿岸のクワレにも拠点を設け、さらにケニア本部にはBSL-3施設も設置された。
 現在のアフリカ・ケニア拠点 現在は、本部だけでも40名を超える大所帯となり、KEMRIのスタッフが頻繁に訪れ、共同の調査・研究が進められている。

長崎大学アフリカ拠点について

映画のアフリカロケを全面的にサポートした長崎大学アフリカ海外教育研究拠点の活動を紹介しています。
右の画像をクリックするとアフリカ拠点のホームページが開きます。
アフリカ拠点ホームページ


地球キャンパス〜長崎から世界へ〜(2012年10月TVQテレビ九州で放送)

※タイトルをクリックするとYoutubeで再生します。出演者の肩書は、いずれも放送時点のものです。

2012年10月3日放送
「長崎大学アフリカプロジェクト」 (3分16秒)
出演:片峰 茂(学長)
2012年10月10日
「長崎大学の感染症プロジェクト」(3分16秒)
出演:竹内 勤(熱帯医学研究所長)
研究成果:森田 公一(熱帯医学研究所・教授)
2012年10月24日
「アフリカでの新たなプロジェクト」 (3分16秒)
出演:板山 朋聡(工学研究科・教授)
研究成果:星野 倫範(病院 小児歯科室・講師)

外部リンク

映画『風に立つライオン』公式サイト

映画『風に立つライオン』ロケ地ガイド&長崎ロケ地さるくモデルコース
長崎観光ポータルサイト ながさき旅ネットより)

ケニアで医療協力の礎を築いたライオンたち――「風に立つライオン」主人公のモデルはJICA専門家
独立行政法人 国際協力機構ホームページより)

長崎大学について