ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 第2回国公私3大学環境フォーラム「環境科学シンポジウム」を開催

ここから本文です。

第2回国公私3大学環境フォーラム「環境科学シンポジウム」を開催

2015年11月12日

平成27年11月6日,長崎大学は,第2回国公私3大学環境フォーラム「環境科学シンポジウム」を開催しました。
本フォーラムは,長崎大学,熊本県立大学,福岡工業大学との間で平成26年12月に締結された「長崎大学,熊本県立大学及び福岡工業大学との環境分野における包括的連携協力に関する協定」に基づき,平成27年2月に熊本県立大学で開催した締結記念事業「環境共生フォーラム」を受けて,本年度,長崎大学が当番校として開催したものです。
本フォーラムでは,基調講演講師に国立環境研究所地球環境研究センター 江守正多氏を迎え,「気候変動リスクと人類の選択」という演題で講演をいただき,各大学の教員,学生,職員や一般の方々など,約150名が熱心に講演を拝聴し,活発な質疑応答も行われました。
引き続き,各大学から連携シーズの紹介を行った後,江守講師をコメンテーターとして,パネルディスカッションを行いました。
また,パネルディスカッション終了後には,各大学から教員・学生30名がそれぞれの研究内容に関するポスターを持ち寄り,ポスターセッションを行いました。
今後は,本フォーラムの継続的な開催により,各大学の環境教育・研究の特徴を活かしつつ,更なる連携のひろがりを模索し,実質的な共同研究や交換授業等の実施,3大学合同による大型研究プロジェクト等への申請や「合同入試説明会」の実施など多方面にわたる協力を行うことにより,一層の学術研究の発展や地域貢献が期待されます。

 

 

 

 

 

 

 

 基調講演講師「江守正多氏」

 基調講演講師「江守正多氏」

基調講演質疑応答風景

基調講演質疑応答風景

  パネルディスカッション風景

パネルディスカッション風景

ポスターセッション風景

ポスターセッション風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎大学について