ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 熱帯医学研究所のモイ メン リン准教授が文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞

ここから本文です。

熱帯医学研究所のモイ メン リン准教授が文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞

2016年05月13日

熱帯医学研究所のモイ メン リン准教授が、「熱帯病デング熱ワクチンと治療開発のための評価系構築の研究」の業績により、平成28年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞しました(業績概要は別紙参照PDF118.99KiB)。

今回対象となったデング熱の研究は、モイ准教授が国立感染症研究所時代から取り組んできたもので、ワクチンと治療薬の早期実用化を目指しています。
科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者に対して、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、それにより、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とするものです。
なお、表彰式は、平成28年4月20日に文部科学省3階講堂で行われました。
モイ メン リン准教授
受賞コメント
この度は平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞させて頂き、大変光栄に思っております。
今回、ご評価いただいた熱帯病デング熱の研究は、長崎大学熱帯医学研究所と国立感染症研究所が共同で進めているものであり、熱帯医学研究所・森田公一所長、国立感染症研究所・倉根一郎所長、神奈川県衛生研究所・高崎智彦所長をはじめ、熱帯医学研究所のスタッフや学生の皆様、共同研究者の皆様など多くの方のご指導とご協力を賜り、受賞できたと深く感謝しております。
2014年のデング熱の国内流行まで、日本では無縁と思われていたデング熱ですが、ワクチンと治療薬が実用化されていないのが現状です。
今回の受賞を励みに、国内外の研究機関と連携して、世界に向けたワクチンと治療薬の早期実用化を目指すと同時に、デング熱やジカ熱などの熱帯病の研究に、より一層、精進していきたいと思っております。
熱帯医学研究所のモイ メン リン准教授が、「熱帯病デング熱ワクチンと治療開発のための評価系構築の研究」の業績により、平成28年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞しました(業績概要は別紙参照PDF118.99KiB)。今回対象となったデング熱の研究は、モイ准教授が国立感染症研究所時代から取り組んできたもので、ワクチンと治療薬の早期実用化を目指しています。科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者に対して、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、それにより、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とするものです。なお、表彰式は、平成28年4月20日に文部科学省3階講堂で行われました。


【受賞コメント】
この度は平成28年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰(若手科学者賞)を受賞させて頂き、大変光栄に思っております。今回、ご評価いただいた熱帯病デング熱の研究は、長崎大学熱帯医学研究所と国立感染症研究所が共同で進めているものであり、熱帯医学研究所・森田公一所長、国立感染症研究所・倉根一郎所長、神奈川県衛生研究所・高崎智彦所長をはじめ、熱帯医学研究所のスタッフや学生の皆様、共同研究者の皆様など多くの方のご指導とご協力を賜り、受賞できたと深く感謝しております。2014年のデング熱の国内流行まで、日本では無縁と思われていたデング熱ですが、ワクチンと治療薬が実用化されていないのが現状です。今回の受賞を励みに、国内外の研究機関と連携して、世界に向けたワクチンと治療薬の早期実用化を目指すと同時に、デング熱やジカ熱などの熱帯病の研究に、より一層、精進していきたいと思っております。


 

モイ メン リン准教授

モイ メン リン准教授

 

 

長崎大学について