ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 水産・環境科学総合研究科の松本健一准教授が、11th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systemsにおいてベストポスター賞を受賞

ここから本文です。

水産・環境科学総合研究科の松本健一准教授が、11th Conference on Sustainable Development of Energy, Water and Environment Systemsにおいてベストポスター賞を受賞

2016年09月13日

 水産・環境科学総合研究科の松本健一准教授が、2016年9月4日〜9日にポルトガル・リスボンで開催された11th Conference on
Sustainable Development of Energy, Water and Environment
Systems(International Centre for Sustainable Development of Energy,
Water and Environment Systems主催)において、Best Poster Awardを受賞いたしました。
  同賞は、同国際会議において、優れたポスター発表に対して授与されるものです。
  受賞対象となった発表のタイトルは、「Historical Energy Security Analysis for EU Countries」で、Michael Doumpos准教授(ギリシャ・Technical University of Crete)とKostas Andriosopoulos准教授(イギリス・ESCP Europe)の共同研究です。本研究では、EU各国におけるエネルギー安全保障の変化を指標およびクラスター分析を用いて評価したものです。

松本健一准教授

水産・環境科学総合研究科
松本健一准教授

賞状

賞状
(PDF 487.94KiB)

長崎大学について