ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 松尾洋介博士(医歯薬学総合研究科・薬学系・天然物化学分野・助教)が、平成28年度日本生薬学会・学術奨励賞を受賞

ここから本文です。

松尾洋介博士(医歯薬学総合研究科・薬学系・天然物化学分野・助教)が、平成28年度日本生薬学会・学術奨励賞を受賞

2016年09月27日

   松尾洋介博士(医歯薬学総合研究科・薬学系・天然物化学分野・助教)が、平成28年度日本生薬学会・学術奨励賞を受賞いたしました。日本生薬学会は昭和22年に創立された会員数1,300名を超える生薬関連では最も大きい学会で、学術奨励賞は優れた業績と将来性のある40歳以下の若手研究者に与えられるものです。本年度の受賞者は3名で、松尾洋介助教の受賞研究課題は「計算化学的手法を取り入れたポリフェノールの立体構造および酸化機構に関する研究」です。高く評価された主な成果は、従来のスペクトル解析では構造決定できない天然有機化合物に計算科学的手法を適用することで分子構造を決定し多くの成果をあげたこと、および、未だ構造が分からない紅茶ポリフェノールについて、紅茶製造過程でのカテキンの構造変化を詳細に解析し、上記計算科学的手法も組み合わせながら反応機構を明らかにして多数の論文を発表している点です。受賞講演は学会最終日の9月24日に成功裏に行われました。

【平成28年度日本生薬学会学術奨励賞】

学会:日本生薬学会第63回年会(富山)、2016年9月24日 (土)〜25日 (日)

会場:富山国際会議場

主催:一般社団法人日本生薬学会

 

松尾洋介博士

賞状

 

平成28年度日本生薬学会学術奨励賞 

学会:日本生薬学会第63回年会(富山)、2016924 ()4 ()

会場:富山国際会議場 

主催:一般社団法人日本生薬学会

長崎大学について