ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 伊東昌子副学長が日本骨粗鬆症学会学術振興賞を受賞

ここから本文です。

伊東昌子副学長が日本骨粗鬆症学会学術振興賞を受賞

2016年10月11日

副学長でダイバーシティ推進センター長の伊東昌子教授が、第16回 日本骨粗鬆症学会学術振興賞を受賞しました。
この賞は、骨粗鬆症に関連した活動を通じて貢献した個人ないし団体に対して贈られるものです。

伊東副学長は放射線科の医師及び研究者として、骨粗鬆発生メカニズムの解明や骨脆弱性の評価、骨粗鬆症治療薬の開発などで業績を重ねてきました。こうした骨粗鬆症に関する貢献が今回の受賞につながりました。

授賞式は10月6日から8日にかけて宮城県仙台市で行われた日本骨粗鬆症学会の中で執り行われました。

伊東副学長

第16回日本骨粗鬆症学会学術振興賞を
受賞した伊東昌子副学長

表彰状を受け取る伊東副学長(写真左側)

表彰式で表彰状を受け取るようす

長崎大学について