ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > SCAS受講生と留学生との交流会開催

ここから本文です。

SCAS受講生と留学生との交流会開催

2016年10月12日

長崎グローバル+コース生と留学生との交流会を開催しました。

  SCAS(Special Course in Academic Skills)プログラム受講学生と外国人留学生との合同交流会を9月28日(水)の夕方、学生交流プラザにおいて実施しました。

  長崎グローバル+コース及び外国人留学生、教職員、そしてSCAS教員も加わり、昨年度に比べ倍以上の約100名の参加がありました。夛田副学長(国際交流担当)による英語での挨拶の後、本コースの副ディレクターである廣江教授によるジュースでの乾杯の発声により交流会が始まりました。

  昨年度に引き続き2回目となる今回は、多くの外国人留学生の参加もあり、早速、英語での会話で盛り上がり、お開きの時間を過ぎても多くの日本人学生、外国人留学生が様々な会話に楽しそうに興じていました。

  2年目を迎えた同コース履修学生の海外志向の志は確実に芽生えてきていることが感じられます。一方で、外国人留学生も、日本人学生と気軽に会話ができる場を提供されることで、心身ともに安心して生活し勉学に励むことができ、本学が進めるキャンパスの国際化に繋がる相乗効果が期待されます。

  本学は、日本人学生のさらなる英語力の向上と海外志向の志を喚起するとともに全学への波及効果を目指し、モンタナ大学との共同特別英語プログラム「SCAS」及び「グローバル・モジュール」という最先端のトピックを含めた、各学部の専門分野への橋渡しとして位置付けられる科目群を英語で提供するという2つのプログラムから構成される「長崎グローバル+コース」を平成27年9月に創設しました。
 

長崎グローバル+コース生と留学生との交流会

長崎グローバル+コース生と留学生との交流会

長崎グローバル+コース生と留学生との交流会

 

長崎大学について