ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程1年生の堀 祐真君が、「平成29年度日本生化学会九州支部例会」において優秀ポスター発表賞を受賞

ここから本文です。

大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程1年生の堀 祐真君が、「平成29年度日本生化学会九州支部例会」において優秀ポスター発表賞を受賞

2017年05月17日

大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士後期課程1年生の堀 祐真君(ゲノム創薬学研究室)が、5月13-14日に宮日会館・宮崎大学清武キャンパスで開催された「平成29年度日本生化学会九州支部例会」において優秀ポスター賞を受賞しました。同賞は本学術集会のポスター発表の中から特に優れた発表を行った若手発表者(学部生・大学院生が対象)に対して授与されるものです。

受賞対象となった「脂溶性カテキン誘導体による脳内ネプリライシン活性増強作用のin vivo解析(第2 報)」は、アルツハイマー病脳で蓄積し発症の原因となるアミロイドβペプチド(Aβ)の分解酵素ネプリライシンの発現を増強する化合物のin vivo効果をマウスで解析した続報であり、アルツハイマー病の新しい根本的治療薬開発の基礎をなす重要な知見として評価され、受賞に至ったものです。

賞状

堀 祐真君

  医歯薬学総合研究科
生命薬科学専攻博士後期課程
堀 祐真君
長崎大学について