ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 大学院 工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース1年次の石井成政君が,一般社団法人 溶接学会 九州支部研究発表会において『優秀学生講演賞』を受賞しました。

ここから本文です。

大学院 工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース1年次の石井成政君が,一般社団法人 溶接学会 九州支部研究発表会において『優秀学生講演賞』を受賞しました。

2017年07月13日

平成29年6月22日に行われた一般社団法人 溶接学会 九州支部 研究発表会において,大学院 工学研究科 博士前期課程 総合工学専攻 構造工学コース1年次石井成政君が「優秀学生講演賞」を受賞しました。

講演題目,共著者は下記のとおりです。

講演題目:PIV法によるCT型試験片の疲労亀裂伝播中の挙動評価

共著者:勝田順一

本研究発表会は,溶接学会 九州支部 総会 商議員会に合わせて開催されるもので,企業の技術者,研究者,大学の研究者が集まって毎年開催されています。同賞は,研究発表会で研究成果を発表した学生,院生を対象にして,特に優れた講演者に与えられるものです。

石井成政君

賞状

受賞者 石井成政君 賞状
長崎大学について