ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 松田勝也助教が29th European Congress of Pathology Best Poster Prizesを受賞

ここから本文です。

松田勝也助教が29th European Congress of Pathology Best Poster Prizesを受賞

2017年09月28日

  Assistant Professor Katsuya Matsuda received the Best Poster Prizes from the 29th European Congress of Pathology.


原爆後障害医療研究所 腫瘍・診断病理学(原研病理)松田勝也助教が、9月3日〜6日にアムステルダムで開催された29th European Congress of PathologyにおいてBest Poster Prizesを受賞しました。同賞は本学会におけるポスター発表1015題の中から優秀な発表を行った発表者3名に対して授与されるものです。

受賞対象となった「Significance of p53-Binding Protein 1-Nuclear Expression in Urothelial Tumours: Implication of DNA Damage Response in Association with Tumour Grades」は、DNA損傷応答蛋白の発現が、尿路上皮腫瘍のゲノム不安定性と相関し、尿路上皮腫瘍の核異型度を評価するsurrogate markerとなることを発見した研究で、鑑別困難な腫瘍に対する簡便かつ安価な客観的診断法の開発が期待されます。

松田助教

賞状
長崎大学について