ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科医療科学専攻博士課程4年の陶山和晃君が育成賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科医療科学専攻博士課程4年の陶山和晃君が育成賞を受賞

2017年10月23日

   医歯薬学総合研究科医療科学専攻内部障害リハビリテーション学分野博士課程4年の陶山和晃君が,2017年9月22日(金)〜23日(土)に別府国際コンベンションセンター(B-con Plaza)で開催された,第79回日本呼吸器学会・日本結核病学会・日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会九州支部秋季学術講演会において,育成賞を受賞しました。

演題名:夫からの環境タバコ煙曝露による妻のCOPD発症リスクに関する検討
演   者:陶山和晃1,2),田中貴子2),石松祐二2),澤井照光2),神津 玲2)
所   属:1)医療法人保善会 田上病院
            2)長崎大学大学院医歯薬学総合研究科

   同賞は当学会演題の中で,呼吸器病学の発展への寄与が今後期待される若手研究を対象に授与されます。本研究は夫からの環境タバコ煙にどの程度曝露すると妻のCOPD発症リスクが増加するのかを検討したものであり,環境タバコ煙曝露の回避がCOPD発症予防のために重要であることを啓発する研究成果となっています。

右)大会長 宮崎英士氏,左)受賞者 陶山和晃君
右)大会長 宮崎英士氏
左)受賞者 陶山和晃君
賞状
賞     状
長崎大学について