ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 周術期口腔管理センターの五月女さき子講師が第55回日本癌治療学会学術集会にて最優秀演題賞を受賞

ここから本文です。

周術期口腔管理センターの五月女さき子講師が第55回日本癌治療学会学術集会にて最優秀演題賞を受賞

2017年11月07日

周術期口腔管理センターの五月女さき子講師が平成29年10月20〜22日に横浜にて開催された第55回日本癌治療学会学術集会において,演題「口腔ケアの食道癌術後肺炎予防効果に関する多施設共同研究:傾向スコア法による解析」にて最優秀演題賞を受賞しました。
同賞は,日本癌治療学会学術集会での公募の一般演題(口演・示説)のうち最優秀演題に対して授与されるものです。
なお,同賞受賞者はプレナリーセッションにて発表を行いました。授賞式は22日同会場において行われました。

周術期口腔管理センター五月女さき子講師

周術期口腔管理センター
五月女さき子講師

賞状

賞状

長崎大学について