ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士後期課程1年生の福田瑞穂さんが、第57回日本臨床化学会年次学術集会において日本臨床化学会トラベルアウォードを受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士後期課程1年生の福田瑞穂さんが、第57回日本臨床化学会年次学術集会において日本臨床化学会トラベルアウォードを受賞

2017年11月08日

大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士後期課程1年生の福田瑞穂さん(薬品分析化学研究室)が、10月6〜8日に北海道大学 (北海道札幌市) にて開催された第57回日本臨床化学会年次学術集会において日本臨床化学会トラベルアウォードを受賞しました。受賞対象となった演題「キノン及びキノン修飾体のHPLC化学発光定量法の開発と生体試料への応用」は、生体に酸化ストレスを与えうるキノン化合物及び生体内成分との反応により生成するキノン修飾体の同時定量を目指した高感度分析法の開発に関する研究であり、今後これらの物質の体内動態や生体へ与える影響を調査するための有用な手段になることが期待されます。

福田瑞穂さん

医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士後期課程 福田瑞穂さん

長崎大学について