ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 松本 萌さんが第34回日本薬学会九州支部大会にて優秀発表賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 松本 萌さんが第34回日本薬学会九州支部大会にて優秀発表賞を受賞

2017年12月06日

 大学院医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 薬品製造化学研究室 博士前期課程2年生の松本 萌さんは11月25日、26日に熊本県熊本市で開催された第34回日本薬学会九州支部大会において優秀講演賞を受賞しました。
松本 萌 さんの研究内容は「マクロリド天然物ツガシンcmc-Aの合成研究」と題するものです。ツガシン類は多剤耐性を獲得した結核菌に対して強力な抗菌活性を有する天然物で、新たな抗結核菌薬のリード化合物として注目を集めています。松本さんは石原教授と畑山教授の指導のもと、独自な方法により本化合物の合成研究を行い、ツガシンcmc-Aの推定構造の提出と複雑な大環状構造を含む全骨格の構築に成功しました。この結果が高く評価されました。



医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 松本 萌さん

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻
松本 萌さん

賞状
賞状
長崎大学について