ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 医薬品情報学分野 博士前期課程2年生の加藤 直也さんが、第34回日本DDS学会学術集会において優秀発表賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 医薬品情報学分野 博士前期課程2年生の加藤 直也さんが、第34回日本DDS学会学術集会において優秀発表賞を受賞

2018年07月18日

大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻医薬品情報学分野博士前期課程2年生の加藤 直也さんが、2018年6月21,22日に長崎ブリックホール(長崎市)で開催された第34回日本DDS学会学術集会においてポスター発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。同賞は本会において優秀な発表を行った発表者に対して授与されるものです。

受賞対象となった加藤さんの発表は、「インテグリンαvβ3を標的とした新規機能性脂質修飾リポソームの開発」と題するものです。医薬品情報学分野で理論構築しているHigh Functionality and Quality (HFQ)lipids for clinical DDS applicationsの概念に基づいたインテグリンαvβ3指向性リポソームの開発を行い、その腫瘍集積性を組織透明化法により明らかにしました。今回、その有用性と今後の発展性が高く評価され受賞に至りました。

加藤直也さん

加藤直也さん

長崎大学について