ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 日露学生フォーラム2018に医歯薬学総合研究科三枝さんが参加しました

ここから本文です。

日露学生フォーラム2018に医歯薬学総合研究科三枝さんが参加しました

2018年07月27日

2018年5月18日(金)から5月19日(土)まで、北海道大学で日露学生フォーラム2018が開催され、本学からは医歯薬学総合研究科災害・被ばく医療科学共同専攻2年生の三枝裕美さんが参加しました。
日露学生フォーラム2018は、本学も加盟する日露大学協会第1回総会に並行して、学生同士の相互理解、友好関係の構築を目指して開催されたもので、本学からは昨年に続き二人目の参加者となります。
日本側は長崎大学のほか、北海道大学、新潟大学、東北大学等19大学から、ロシア側は極東連邦大学、サハリン国立大学、南部連邦大学、イルクーツク国立大学等7大学から計35名の学生が参加しました。5グループに分かれ、日本の文化、教育交流を強化し、日露関係の改善に資するための活動について話し合い、日露大学協会総会において成果発表を行いました。三枝さんはグループのリーダーとして活躍し、「日露学生連合」の立ち上げの暫定実行委員会のメンバーにもなっています。
同時開催された日露大学協会総会の医療健康分科会には医歯薬学総合研究科高村昇教授が出席し、現在福島県立医科大学、サンクトペテルブルグの北西医科大学と推進している共同教育プログラムを紹介しました。

 

日露経済協力・人的交流に資する人材育成プラットフォームウェブサイト
https://russia-platform.oia.hokudai.ac.jp/

 

 

グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子

 

日露大学協会総会での成果発表時\\

日露大学協会総会での成果発表時

長崎大学について