ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士前期課程1年生の佐藤雄大さん(薬品分析化学研究室)が、九州分析化学若手賞を受賞

ここから本文です。

大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士前期課程1年生の佐藤雄大さん(薬品分析化学研究室)が、九州分析化学若手賞を受賞

2018年08月10日

大学院医歯薬学総合研究科生命薬科学専攻博士前期課程1年生
の佐藤雄大さん(薬品分析化学研究室)が、平成30年7月27〜
28日に植木温泉荒木観光ホテル(熊本県熊本市)にて開催された
第36回九州分析化学若手の会夏季セミナーにおいて九州分析化学
若手賞を受賞しました。同賞は本セミナーにおいて優秀なポスタ
ー発表を行った大学院生・学部生に対して授与されるものです。 受賞対象となった「非酵素的化学発光イムノアッセイ開発を目的
とするビオチン導入ナフトキノンの合成」は、化学発光イムノア
ッセイで最も広く用いられている検出法である酵素標識法の欠点
を克服可能な新たな検出法であるキノン標識法のデザインと、そ
のための標識試薬の合成に関する研究であり、より安定で取り扱
いの容易な化学発光イムノアッセイ開発への展開が期待されます。

佐藤雄大さん

佐藤雄大さん

賞状
賞状

 

長崎大学について