ホーム > 長崎大学について > 大学からのお知らせ > ニュース&トピックス一覧 > 医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 医薬品情報学分野 博士後期課程2年生の菅忠明さんが、第1回超分子薬剤学FGシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞

ここから本文です。

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 医薬品情報学分野 博士後期課程2年生の菅忠明さんが、第1回超分子薬剤学FGシンポジウムにおいて優秀発表賞を受賞

2018年10月11日

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 博士後期課程2年の菅忠明さん(医薬品情報学分野)が、2018年9月12日に熊本大学薬学部で開催された第1回超分子薬剤学FGシンポジウムにおいてポスター発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。同賞は本シンポジウムにおいて優秀な発表を行った発表者に対して授与されるものです。
受賞対象となった菅さんの発表は、「難治性癌の組織構造とDDSの空間分布解析を目的とした組織内多色イメージング法の開発」と題するものです。難治性である膵癌の間質におけるコラーゲンと、リポソームおよび腫瘍血管の詳細かつ空間的な関連性の解析を可能とする、癌の組織内多色イメージング法の構築に関する研究で、今回その有用性と今後の発展性が高く評価され受賞に至りました。
医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 医薬品情報学分野  博士後期課程2年生 菅忠明さん

医歯薬学総合研究科 生命薬科学専攻 
医薬品情報学分野 
博士後期課程2年生 菅忠明さん

長崎大学について